FC2ブログ

4月15日:クマバチの巣穴探しの旅

和歌山の竹はあぶったし、手直し中の笛は塗装したし…
次の作業まで少し間が空いたので
クマバチの巣穴を探しに行きました(現実逃避)。

大阪方面に行く途中、いつも走る雄ノ山峠から山中渓にぬける道。
いつも「巣穴がありそう」「この木もアヤシイ」とキョロキョロソワソワ。
巣穴標本はじゅうぶんすぎるほど持っているので「演奏用」の形と音色のいい巣穴が欲しい。

クマバチの花と共生関係にあって、房のような花に受粉できるのはクマバチだけです。
よく藤棚に豆のような実がさがっているけど「実がなる」ということはクマバチがいる証拠。

越冬したクマバチアケビの花が咲くころに活発に飛びはじめます。そしての花が咲くころに花粉を集めて産卵します(夏にも産卵)。産卵後に巣穴を採ると羽化するまでの世話が大変。
冬眠からさめて産卵するまでの短い期間に巣穴をさがすのが生態系に影響が少ないのです。

近所でが咲きはじめたのでスケジュール的には今日がギリギリ。
車を山道に停めて探すと車まで戻るので往復歩くことに…
愛車スペーシアを山中渓駅前のわんぱく王国の有料駐車場に停めて、阪和線で紀伊駅までもどってタクシーで登山口のお寺まで走った(贅沢)。あとは駐車場の車まで歩くだけ。
(長い高枝切りバサミを持ったアヤシイおっさんを、よく乗せてくれたもんだ)

とりあえず道端に落ちている枯れ枝をチェック。
足元の枝は巣穴で折れることが多くて音が出る枝はまず見つからない。
そこで道端の木を見あげてまだクマバチがいる巣穴を探します。
巣穴のある枝は不自然に枯れているので青葉のない枝を探します。
高枝切りバサミノコギリを装着すれば3mの高さまで切り取ることが可能。

歩きはじめて2分で道端に巣穴を発見(こりゃさい先イイぞ)。でも裏返すとコゲラアリの穴がいっぱい(もちろん音は出ません)。

最初に見つけた巣穴
歩きはじめて見つけた巣穴


裏側はアナボコだらけ
裏側は穴だらけ(横長の穴はコゲラ、小さい穴はアリの穴)


クマバチは一定の間隔をあけて産卵するので巣穴に開いた穴も「指穴」のように並びます。
(わかりやすい良い標本ですね)


ちょっと歩くと頭上の枝にクマバチの巣穴が!!
急いでノコギリを装着。慎重に切り取ったら、やっぱり裏はアナボコだらけ。
すぐ近くのため池周辺でも巣穴がある枝を3本発見。
去年の台風21号で折れた枝。ボロボロで音は出なかったです。

続きを読む

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

4月12日:和歌山市の竹の油抜き

今日は曇りのち晴れ。雨の心配がないので和歌山市で採ったメダケの油抜きを決行。

竹の油抜き
和歌山市のメダケを油抜き


朝からバタバタと七輪炭火を用意。使用する炭は火力の強いオガ備長炭
一節ごとにこがさないように注意しながらあぶっていきます。

クリーニングした段階で…
①細すぎる節
②太くて短い節
③反りのおおきい節
④傷のある節
⑤断面が丸くない節

を捨てたので長さはバラバラ。
1節だけの竹2節の竹(写真)、3節の竹4節の竹で束にしています。

順調に進んで昼食はカップ焼きそば+レンジでたっぷりの温野菜(春キャベツ)

3時半の時点で残り3節×2束4節×1束
こりゃぁ5時過ぎにおわるかな)」
でも炭火を片付けたら6時ちょうどじゃん()。
(いつも見通しが甘いのが守山流?)


今日あぶったメダケは来年以降の笛材料。
まだ千葉の竹が山ほど残っていてクリーニングと笛にならない節を処分して油抜きかぁ…

仕事的には四天王の一人一番弱いヤツ)をやっつけた感じ。


テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

4月7日:雅楽の稽古を見学

明石市魚住の住吉神社へ雅楽会明風会さんの稽古の見学にいきました。
神戸市長田区の駒ヶ林神社の厄除け大祭で龍笛を頑張ったN島さんに石笛をプレゼントしたり、
龍笛(プラ管)を磨いたりする「ついで」です。

天気予報は良くなかったのですが予想外にいい天気。
神戸市内の渋滞を予想して朝早く出かけたら11時前に到着(お稽古は14時から)。

数はすくないものの満開の桜の下、久々にのんびりゆったりできました。

住吉神社
明石市魚住の住吉神社


1月にうかがった時に笛を買っていただいたT木さん明風会のメンバー。
T木さんに「龍パチ(イタドリの龍笛)をさしあげますよ」と連絡したら「笛を買います」とのお返事。
(なんかプレゼントばっかなので本当にありがたいです)

明風会のお稽古は見学自由)。
指導されておられる谷口先生は一人で龍笛・篳篥・笙をマスター‼️
稽古も充実した内容で基本的な「越殿楽」の唱歌(しょうが)から難しい曲まで一通り。
なんと休憩時間には「乾杯(長渕剛)」の雅楽バージョンの譜面まで出てきてビックリ。

龍笛に慣れるには「雅楽」の曲だけ練習するのが「」かもしれませんが「雅楽」というだけで肩に力がはいってしまい2曲ほど練習したら「今日は頑張った」と思いがち?
でも洋楽を練習すると「面白い」から遊び感覚で時間をわすれて吹いてしまうもの。

頭のやわらかい先生だなぁ」と好感がもてました(守山も見習いたいデス)。

こういう教室で3年くらい頑張ったらしっかり「雅楽」が身につきそうです。

明風会稽古
名風会の稽古風景



住吉神社では毎年5月5日に境内の能舞台雅楽稚児舞の奉納があります。
大勢の参拝客の中、地元の子供たちが舞うのですが、住吉神社が地域に支えられている証し。
大人も子供も「雅楽」にふれられる素晴らしい伝統だと思います。

そうした中で「雅楽をやってみたい」という人も現れることと思いますし、名風会さんの活動の意義があるのだと思います。

続きを読む

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

4月4日:酔漢(おとこ)の本懐?

毎年恒例の和歌山城公園での花見
嫁さんの仕事帰りにJR和歌山駅で合流。市バスで和歌山城へ。
駅前の近鉄百貨店の地下惣菜売り場で中華惣菜セット餃子中華ちまき
和歌山城ちかくのコンビニで缶チューハイビーフジャーキー

いつも決まった場所にゴザを敷くけど去年の台風21号で桜が折れて何もない。
(ソメイヨシノの3割くらいはなくなっている印象)
満開の桜を見つけてゴザを敷く。


和歌山城の夜桜
夜桜でにぎわう和歌山城公園



いや飲んだ飲んだ!!

夜店の生ビール(600円)2杯…
持ち込んだ日本酒カップ酒(300ml)…
缶チューハイ(9%)350ml…

家に帰って
缶チューハイ(4%)2本…


風呂はいって目薬さすのにコタツに寝転んで………までは覚えている?
気がついたら朝の5時!?

冷たいコタツで寝ていた…



酔漢(よっぱらい)の本懐?
それから2階の冷えきった布団にもぐりこんで7時起床!!
ううう(涙)…






テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

3月29日:お客様と笛話

大阪府交野市の星田神社龍笛を吹かれている山口聡さんが訪ねてこられました。
山口さん守口雅楽会所属。「浪速神楽」の楽士さん。
ずっと星田神社に奉職されていたのですが、この春から大鳥大社に移動されたそうです。

去年の春イタドリの龍笛「龍パチ」を「1本できたら差し上げます」と約束。
完成した3本をご自宅にお届けして、残りの返却にと足を運んでいただきました。
毎日バタバタと仕事に追われていると、たまにお客様と笛話をするのが心地いいデス。

来客」があるときは朝から居間の掃除!!
きちんとした「越天楽」のおさらいに天理教道友社さんのDVDを再生しながらの片付け。

楽士の山口聡さん 
星田神社で龍笛を吹く山口さん




守山ドレミ音階の横笛製作者なので「和楽器」は専門外。
龍笛篳篥をつくるのも販売目的ではなく「越天楽」が吹きたいだけの「趣味」の範疇。研究半分・面白半分といっても「良いもの」をつくりたいので経験者の評価はありがたいです。
山口さん奥さん篳篥を吹かれるというのでAWAYAさんにつくったパチリキの残りも送って吹いていただきました()。



完成したイタドリの龍笛 
山口さんが選んだのは上から3本目


イタドリの龍笛は去年暮れに7本つくって音程のしっかりしたものが4本。
山口さんが選ばれたのは上から3本目(ちょっと予想外)。
カンの音が気持ちいい」というのが選考基準。

守山の印象では龍笛は「ロク」「カン」の音色が決まりにくく神経を使います。
越天楽」も「カン」が気持ちのいい音色にならないと「ガッカリ」です。


ちゃんと吹いてくれたんだなぁ」と「選考基準」に感激。


パチリキを吹いてくれた奥さんの感想は…
筒音がちょっと高い」「指穴の間隔が狭くて演奏しにくい」とのことでした。
プラ管リコーダーの吹口をつけて調律した()ので「筒音」を静かに吹きすぎた
②材料の内径で指穴の位置が変化するので、一番下の指穴が「ぶっつけ本番」だった
ということが原因。
AWAYAさんからも「筒音が低い方がいい」と言われているので次作では工夫したいです。

奥さんから手作りの「」をいただきました()。
篳篥天理教道友社さんのDVDで勉強しなくちゃ!!

続きを読む

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

3月20日:懐かしの山々

守山が子どもの頃遊んだ大東市の飯盛山に登ってきました(50年ぶり?)。
四条畷神社の近くに車を停めて室池飯盛山山頂四条畷神社のコースです。

室池2 
室池(結婚前に嫁さんとハイキングにも来た)



守山
は小学1年から大東市の北条という町に住んでいて中学1年の時に枚方市高田(最寄り駅はJR星田駅)に引っ越したのですが「飯盛山で知らない道はない!!」ほどヒマさえあれば走り回っていました。

いまの守山の原点になったのかなぁ…

楠公銅像 
飯盛山山頂の楠公象

飯森山山頂からの展望 
飯盛山の真下が守山が住んでいた北条(グラウンドの右側)



このところスケジュールが立たないくらい忙しく「めざせ月に2日の固定休」も夢物語。
無理矢理?1日あけて「ど〜せなら…」と高速で懐かしの故郷?へ。

今日は休日だぁ!!




続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

3月19日:メダケのクリーニング

千葉から仕入れたメダケを台所裏に片付けたら11月に和歌山で切ったがいい色に。
油抜き(炭火であぶる)の準備をしたほうがよさそう。

竹のを取ってクリーニング
真鍮のスチールウールで汚れを落してウェットティッシュで拭取っていきます。
この段階で笛にならない節を廃棄
吹口部分の太さが18ミリ以下のもの。太すぎるもの。反りのあるもの…
厳密に選ぶと一束100節(4節×25本)が40節に。
4束あるので、このくらいでちょうどいい感じ。


磨き終わった竹 
和歌山市で切った竹100節(左)がクリーニングで40節に(右)



竹のクリーニングアフター 
ビフォー・アフター




テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

3月14日:千葉から竹が届く

千葉県の竹屋さんから笛材料の竹が届いた。3m50㎝?が100本!!
去年は3月28日だったので「月末ころだろう」と油断していたらこんなに早く?

ようやく確定深刻がおわったばかり。
一日休んで「ふらっと山歩きでも…」と期待していたのに
いそいで半分に切らないと晩飯も食えない()。

今年も千葉から竹を入荷 
千葉から届いた笛用のメダケ



ずっと「3年目の竹を」とお願いしていたけど擦り傷だらけで9割を廃棄していた。
守山が千葉まで行って切ってきた竹で実験してみると2年目の竹でもトラブルはない。
そこで今年から「2年目の竹を」とお願いしていたのだ。

送られてきた竹をみると傷の少ない美しい竹ばかり…
感激!!


平均で7節あったところを根元の1節は笛にならないので廃棄
のこりを3節×2本に切った。

とりあえず切り終わった竹 
切り終わった竹(笛にならない部分は廃棄)



計算上600節。ここから反りのあるものを処分しても400〜500節は使えそう。
3節で150㎝以上あるということは1節が50㎝以上あるということ!!
フルート調律の笛「」のG管量産の目処がたったゾ。



来年の笛つくりはこれで安泰)。
(これからクリーニング油抜きしなきゃダメだけどネ)




テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

2月26日:イタドリの龍笛完成

昨年末につくりはじめたイタドリの笛。
AWAYAさんに届けた篳篥(パチリキ)につづいて龍笛(龍パチ)が完成!!
本物の龍笛のように吹口の大きいものが8本。龍笛音階の細い横笛が7本。
そのうち吹口の大きな龍笛4本は調律もバッチリ(写真)。2本は高音域がすこし低い。
残り2本は誤差があって「お蔵入り」()。自然素材なので仕方ないデス。


完成したイタドリの龍笛 
完成した龍笛(吹口が大きい)




龍笛
ソックリの龍パチ星田神社の楽士さん、山口聡さんの「注文品」。去年「いいのができたら」と約束していました。

上2本は高音域も吹きやすくて調律もバッチリ!!
3本目は1音だけ音色に「ツヤ」がない。
4本目は太くてブレスが必要。そのかわり迫力ある大音量で「龍笛っぽい)」
あと2本。高音域がすこしだけ低い笛があって塗料で「」を詰めれば改善できるかも。

とりあえず山口さんに1本持っていったら3本は守山のもの(嬉)!!






続きを読む

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

2月25日:クマバチ巣穴標本の整理

日本語の「」の語源は「吹枝」だという説がある。
守山は「クマバチの巣穴」こそ石器時代の日本人が出会った「吹枝」であり「笛の起源」ではないかと考えている。

これまでに集めたクマバチ巣穴コレクションは72本
伐採された川永団地の桜並木で切りとった巣穴が48本もあって整理できずに困っていた。
笛を塗装するベランダに置いているもんだから塗装のたびに寝室まで運んでいたのだ。
(面倒くさいし腰も痛い…)

石笛倶楽部」の旅企画。「光る木」観察会も終わって整理するなら今しかない!!

クマバチの巣穴(未整理) 
クマバチ巣穴コレクション



標本(枝)
一つ一つに整理番号をつけて採集日採集場所などを記録。巣穴入口の写真、アリコゲラの穴があるものはその写真も撮影。
1週間もあれば終わるだろう」と考えていたけど14日25日までかかってしまった。


甘い見通し…ずさんな計画…ありあわせの装備…能力の過信…で引くに引けない泥沼に…
ううっ(涙)








続きを読む

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
1958年秋田市生まれ
「石笛仙人」で動画配信中
「さすらいの越天楽吹き」

「ドレミ音階」の横笛作家
いい笛をたくさん作って
悲しみ多きこの世界に
美しい音色を広げたいです
今年は少しスローペース?
めざせ月に2日の固定休!!

愛読書「口語訳古事記」
「梁塵秘抄」もなんとか読破
浮世絵(復刻)収集が楽しみ

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

苦手なもの
電話・目薬・ラベンダー

還暦すぎて体はガタガタ
毎月の薬代>酒代なのが涙

貧乏人の愉しみは…
アホなこと言うて嫁さん
笑かすこと

お問い合わせは下のリンク
「笛の店 谺堂」から
メールでお願いいたします

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR