森へお帰り

9日(月)に切り残した川永団地のクマバチ巣穴。朝イチで巣穴を切ってクマバチを山に逃がしてやりました。

並べた巣穴① 
四つ池に並べた巣穴


朝から川永団地へ。切り残したのは100mほど。サクラの木で10本程度なのですが、けっこう巣穴があって昼前までかかってしまいました。

団地内用水路400mの両側に147本の桜(おもにソメイヨシノ)。
 ①クマバチがいた音の出る「現役」の巣穴が何本?
 ②アリやコゲラが穴をあけた音の出ない巣穴が何本?
 ③最終的に高い枝は切れなかったので、残ったのは何本?


最終的に数えてみたいです。

でも太い枝が多くて、吹きやすいものは少なかったです(残念)。




続きを読む

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

クマバチ巣穴を求めて

川永団地でクマバチの巣穴を採ってきました。
団地内の用水路ぞいに400mの桜並木があるのですが道路建設のため伐採が決定。昨年9月にクマバチのはいった巣穴を3本確保。4月1日に満開の桜の下で最後の「桜祭り」がありました。

「今週中くらいに」とのんびり考えていたのですが、そこらでの花が咲いてるじゃん。こないだホバリング(求愛行動)しているクマバチ♂も見た。クマバチ産卵シーズン到来
 巣の中に産卵してしまうと管理(飼育)が大変なので急きょ朝イチに川永団地に向かいました。

獲得した巣穴(オブジェ風) 
収穫した巣穴(メッシュで包んでいる枝にはクマバチがいる)


中にクマバチのいる巣穴が5本。アリコゲラに穴をあけられて音が出ない巣穴を23本確保。音が出るかでないか、切らないとわからないので一日かかってしまいました。


音の出ない巣穴にはアリや場合によってはシロアリがいるので、しばらく屋外放置。ところが水曜日に天気が崩れるというので2階のベランダまで運んだら一番大きな枝をドアに引っ掛けて折ってしまった(涙)。
カッコ良くてオブジェみたいだったのに…



続きを読む

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

還ってきたアイツ(エイプリールフールの椿事)

今日はエイプリールフール。正直者の守山には縁がない話だ。

朝、処分する竹をベランダに置きに出たら波板で囲まれたベランダの外を大きなクマバチが飛んでいる。野生?のクマバチが飛ぶような場所ではない。去年近所で採集して「巣立ち」させたクマバチがどこかで冬眠して飛んできたようだ。

無事に冬を越したんだ」と再会に感激して見ていると、ベランダに入ってきて置いてあった巣穴にもぐりこんでしまった。

それ、お前の家じゃないだろ〜っ!?


ベランダ巣穴 
クマバチが飛び込んだ巣穴(手前)


飛び込んだのは2月12日の「光る木」観察会で発見した巣穴。山で拾ってきた巣穴にはシロアリがいることもあるので、しばらく様子を見るために放置しています。飛んできたクマバチも一冬越した「家」がどこかにあるはず。
クマバチに帰巣本能があるなら、いまの「家」に帰れよ!!

あわてて籾殻をいれて「退去」してもらうことに!!




続きを読む

春爛漫クマバチの巣穴確保

昨日千葉から届いた竹を切って左手がパンパンに腫れてしまった。腰も肩も肘も痛い。
仕事にならないので1月に発見したクマバチの巣穴を確保することにした。

日本語の「ふえ」の語源は「吹く枝」だというのが有力とか。吹いて音が出る「枝」はクマバチの巣穴しかない。笛や楽器を研究している人に知っていただくために標本になる巣穴を探しているのだ。

20180107i.jpg 
1月にため池でみつけたクマバチの巣穴(内部にクマバチの腹部が見える)



続きを読む

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
笛仙人・石笛仙人
かつて「ヤッホーおじさん」
今「さすらいの越天楽吹き」

「ドレミ音階」の横笛作家
人気の笛がずっと在庫薄で
週に7日間笛を作っています
年中無休の零細製造業
6日で7本作ると1日休み
貴重な休みは神社で越天楽?

愛読書「口語訳古事記」
浮世絵(復刻)収集が楽しみ
読み切りで漫画家デビュー
(デビューしただけ)
夫婦の合い言葉「今が底!!」

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR