和歌山城で夜桜

昨日の夜から笛を作りはじめて早めに完成。今月19本目。
仕事が休みの嫁サンと夕方から和歌山城へ夜桜見物
子どもがいたころは昼間に行っていたケド、子どもが京都へ行ってからは夜桜専門。

夜桜2018① 
満開になった和歌山城の桜


去年から近鉄百貨店で総菜セット和歌山城近くのコンビニでを買う。座る場所も同じ。
去年は4月9日。今年は3月27日。
年度末の花見は会社の宴会もおとなしめ。風がなくて満開の桜が「絵」のようでした。







テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

空をみあげて

笛つくりの作業のあいまに空をみあげると環天頂アーク。
環天頂アーク 


今年2回目。ほっと一息。 

テーマ : 気象レポート
ジャンル : 学問・文化・芸術

「日本の楽器たち」及川尊雄著

新聞の書評欄を見て及川尊雄著「阿弗利加から旅して来た日本の楽器たち」を購入。
読み応えのある本でした。
日本の楽器たち 
定価6800円

守山は「笛仙人」というくらいだから「笛」についてはソコソコくわしい。でも正直なところ、ほとんどが人から聞いたような話で、知らないことも多い。笛以外の楽器となると完全な専門外。

この本は及川氏が集めた膨大な和楽器コレクションの写真集。「尺八」ひとつとっても鎌倉時代に法燈国師が中国から持ちかえる以前の「天吹尺八」や「正倉院復元尺八」などがあり、写真を見て音程の違いを想像するだけで興味が尽きない。

日本の楽器が「阿弗利加から来た」かどうかは石笛奏者として異論のあるところだけど、シルクロード由来の弦楽器など「一部の楽器」は「阿弗利加から来た」と表現しても違和感がないカモ。

楽器解説にも「配慮」が感じられ自説を押しつけるようなところがない。その「バランス感覚」となにより「楽器愛」には好感をおぼえることができた。


ぜひお会いして「クマバチの巣穴」についてご意見をうかがいたいところ。
楽器好きには極上の1冊!!






テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

春が来た



春は「三寒四温」というケレド我が家の庭にも春が来た。

庭のサクランボ 
ツクシも出た 
桜(サクランボ)も咲いているし、ツクシも出てる


とはいえ確定申告前でバタバタ。午前中に発送作業があったので、伝票の整理に23時半までかかってしまった。
笛作りに専念したいケドしかたがない。

確定申告を終えて笛を何本つくっているかで、今月後半の「おでかけ」スケジュールが決まる。

現在3本。あと197本。





3月の焼酎

毎月「自分への褒美?」で買っている焼酎。3月は1月に買って飲みやすかった福岡の酒粕焼酎「吟香露」1.8ℓ(前回は720ml)。
どんどんヤバイ方向へ「落ちていく」。

3月の焼酎 



職人に休日はないけど酒はアルのだ!!





プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
笛仙人・石笛仙人
かつて「ヤッホーおじさん」
今「さすらいの越天楽吹き」

「ドレミ音階」の横笛作家
人気の笛がずっと在庫薄で
週に7日間笛を作っている
年中無休の零細製造業
6日で7本作ると1日休み
貴重な休みは神社で越天楽?

愛読書「口語訳古事記」
ライフワーク「越天楽」独奏
浮世絵(復刻)収集が楽しみ
読み切りで漫画家デビュー
(デビューしただけ)

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR