FC2ブログ

9月6日:被災地お見舞い

台風21号停電から復旧。やれやれと思ったら北海道で地震
(この国はどうなってしまったのだろう)
被災地の皆様に心からお見舞い申し上げます。


被災お見舞い 
せめて一輪の花を


いま「越天楽」の理解を深めようと「法然(山川出版社)」を読んでいる。
平安時代も巨大地震噴火飢饉疫病(+政治の腐敗?)。人の命はあまりに小さく「この世の終わり」を信じる末法思想が広がっていた。

なんか「今」と変わらない…


北海道の地震で特に大きな被害が出たのは火山灰の堆積地形
数えられないほどの土砂崩れが発生した厚真町。地質学者は崩壊しやすい軽石火山灰が積もった地層だと言う。それがわかっているなら、なぜそこに人が住むようになったのだろう。

札幌市清田区なんか「火山灰の丘を崩して谷を埋め立てて分譲住宅を建てた」という。過去にも2度の地震で液状化していたというから分譲業者の悪意すら感じられる。

西日本豪雨で浸水した倉敷市の真備町もそうなんだけど、大きな河川が合流する氾濫原に4mの堤防を作って家を建てるのは「正しい知恵」と言えるのだろうか。

よく聞く話に「土砂災害にあった縄文遺跡はない」という。
そこに住む人の命を守るためにも、地質学者が「危険」と判断する場所から安全な場所に移転させることを考えていかなければならないのではないだろうか。

日本に人があふれる時代は過ぎ去り、少子化が進む今「人が住んではイケナイ土地」に家を建てるのはやめよう。
これ以上の人命が失われないように…





テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

9月5日:台風21号で停電

9月4日昼ころ。台風21号が淡路島に上陸? 近畿で大きな被害がでました。
和歌山でも風がどんどん強くなって午後1時に停電
ふたたび電気がついたのは翌5日の18時45分。30時間の停電でした。

台風21号で停電 
ロウソクをともして風呂にはいりました

朝から車で嫁さんを職場に送って帰宅してから笛つくり…
どんどん風が強くなって「暴風雨」の状態。昼食後に雨雲のようすを確認しようと2階のパソコンで気象情報をチェック。いつものようにスクリーンショットを撮ってブログにアップしようとしていたら…

いきなりアタマの上で「ドン!!」「バリバリッ!!」「ガリッ!!」「ドスン!!
屋根に立てていたテレビアンテナが倒れて落ちた」ような音。
守山宅はトタン屋根でアンテナはない。てっきり屋根のトタンがはがれたと思った。
次の瞬間、停電
気象情報をチェックしていたパソコンもダウン。

真っ青になって家の中を確認。トタン屋根に異変があれば雨漏りするはず。幸い雨漏りはなし。

停電
してしまうと一切の「情報」が得られなくなる。
台風の現在位置」「自宅周辺の雨量」「停電状況」…
うろうろと窓の外の風向きを確認したり雨漏りのチェック。
すこし風が弱くなったので眠れるうちに仮眠


夕方5時。あいかわらずの停電
テレビは写らないけど車に乗ればカーナビでテレビが見れる。
少し早めに嫁さんの職場へ向かう。

途中の雄ノ山峠も折れた木々が散乱していてひどかったけど、山を越えた阪南市ではタマネギ小屋がのきなみ倒壊。あちこちで電線が切れて被害の大きさに驚く。
嫁さんの職場でも太い木が折れていて周囲の住宅の屋根瓦も飛んでいる。

こういう被害をみると我が家はマシなほう。

帰りに紀伊駅にむかう県道で電柱が折れて通行できなくなっていた。この電柱が守山宅に電気を送っている電柱だとか。


帰宅しても真っ暗
ロウソクや懐中電灯で一昨日の鍋の残り。ボタボタ汗がしたたり落ちる。
エアコンも効いていないけど猛暑のころを思えば…


翌5日。
裏の家は電気が通ったというケド守山宅は停電
昨日とんでもない音がしたトタン屋根を確認。なんとか無事。
遠くからトタン板が飛んできて屋根にあたったよう。見たこともないトタン板がトイレの裏に落ちていた。
仕事が休みの嫁さんと買いものがてら和歌山周辺を走ってみると屋根瓦が飛ばされた家も多く、道路標識が飴細工のようにねじ曲がっていた。


結局5日夜18時45分になって電気が通った(ありがたや〜)。
あらためてテレビをみると各地で大きな被害がでていて驚く。

いま守山はエアコンの効いた部屋で缶チューハイを飲みながらのブログUP
いまでも関電の職員さんは停電の復旧に全力で頑張ってくれているし、まだ停電しているエリアも多い。


今回の台風21号で被害を受けられたみなさんに、心よりお見舞いもうしあげます。





9月3日:台風にそなえて

台風21号が来る!! 絶対来る!!!

守山宅は西側が広い駐車場。南側が空き地。屋根は軽いトタン屋根
西と南の強風が吹くと生きた心地がしない。
過去に西側にあった自転車置き場の屋根が2度吹っ飛んだことがある。
(ちなみに北風+雨で雨漏りする)

朝からバタバタと南西角のベランダの出入り口(パンダ模様)と南の窓を封印

台風にそなえて 
雨戸のない窓とボロボロのトタン屋根(雨どいは台風で落ちた)



ベランダの出入り口に緩衝材と厚さ3ミリのアクリル板。南側の窓にも緩衝材
封印すると中に入れなくなるので奥の小さな窓から出入りする。

手際がよければ1時間ほどで封印できるはずだったけどアクリル板が熱で膨張していて枠にあわない。ヤスリを取ってきて削ってはめ込んだら2時間ちょっとかかった。写真のパンダ模様アクリル板

午前中も台風20号の強風で屋根をこすっていたマキの枝を切ったり大忙し…
さすがに笛は完成しなかった(残念)。

明日は台風直撃!!
屋根が飛んだらど〜しよ〜()。

しっかしNHKのヤロー!! 21時のニュースで「18時の台風の位置は…」だと!? 首都圏に上陸しねぇと思って気の抜けたマネを!!(怒)







テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

8月24日:「越天楽」慈円上人の「言葉」にふれる

台風20号が未明に通過。
夜中の風雨で眠れなかったり、始発から阪和線がストップしたりと大迷惑。

今日は京都の笛教室
いつもは9時前に出て車で南茨木駅まで走って阪急電車で行くんだけど、嫁さんを職場まで送っていくので1時間早めに家を出た。

当然四条烏丸にも1時間早く着く。民族楽器コイズミさんまで歩くのも寝ていないのでツライ。大粒の雨も降り出したのでジュンク堂書店ヒマつぶし

ライフワークとして「越天楽」を演奏しはじめて、歌詞(今様)を残した慈円上人に関する本が欲しかったノダ。
生涯に6000首の和歌を残した慈円さん。「愚管抄」という歴史書も書いている。
その「
言葉」にふれることで思想や思考回路にせまることができれば「越天楽」の解釈に活きようというところ。


最初に手にしたのは日本史リブレット<人>シリーズ(山川出版社)の「法然」。
じつは法然慈円は同じ時代の僧。平家滅亡を目の前で見た平安末期〜鎌倉初期に生きていたのだ。「法然」には平安時代の仏教の変化僧侶の階級など時代背景が豊富に記載。しかも800円(税別)とお手頃価格()。
法然院さんにもお世話になっているし迷わず購入を決めた。

時間はたっぷり。もう1冊くらい「愚管抄の現代語訳とかないやろか?」と書架をながめると…
慈円法楽和歌論考(勉強出版)」というドンピシャの本があるではないか!?
ど〜やら慈円さんの和歌を年齢順に考証して和歌技法の成長や思想的背景にせまる研究書らしい。
勉強出版」というくらいだからムチャクチャ難しい(5分で寝れそう)。

わからなかれば何度でも読む!!
  言葉にふれる」とはそ〜ゆ〜ことだ!!

値段をみるとケースにはいって12000円(税別)。


買っちゃいました
…………

守山だって酒以外のモノも買うノダ(誇)!!


越天楽研究書 
「越天楽」の歌詞を残した慈円上人の研究書(総額12800円+税)



昨日の朝、財布に1万円札をいれたとき「いれなくても大丈夫じゃん」と思った。1万円がもう1枚あったはず。ところがレジで税込み13824円を払うとのこったのは千円札1枚だけ()。

そういえば昨日…
のどごし生キリンオールフリーサントリー−198℃ストロングレモンサントリーをケース買いしたっけ(酒ばっかやん)…


昨日、財布に1万円が2枚はいっていてもアカンよな〜
帰りの電車賃あるからイイケドさぁ…

嵐が去って衝動買い
秋の夜長は読書ざんまい。

帰りの準急で爆睡。おかげで無事生還。
晩飯どきに爆酔。おかげで二日酔い。

なんだか夏の疲れがとれないねぇ…





8月23日:台風20号

台風20号が来た!!
立派なマンションに住んでいれば「明日阪和線動くかな?」くらいの心配?
しょっちゅう雨漏りトタン屋根の守山家。台風接近は生きた心地がしない。

今回は夕方早々から阪和線がストップ。
夕方、帰れなくなった嫁さんの職場に迎えに走る。きれいな虹が出ていた。

台風接近の中で 
美しい虹もこれだけ低くて太いと「妖しい」?

夜は台風情報に一喜一憂。
室戸岬に上陸か?と思ったら以外にこっちに寄って来た。
夜10時に徳島市

2018対風20号 
中央ちょっと右寄りの紫色のフラッグが守山家


台風の目のまわりのヤバい積乱雲外側の積乱雲のスキマになって雨・風ともにマシ。
心配していた雨漏りはなかったケド、寝ようとしても風で家が揺れる(震度1くらい)。音も凄い。


もう台風はコリゴリ。







テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
1958年秋田市生まれ
笛仙人・石笛仙人
かつて「ヤッホーおじさん」
今「さすらいの越天楽吹き」

「ドレミ音階」の横笛作家
人気の笛がずっと在庫薄で
週に7日間笛を作っています
年中無休の零細製造業
6日で7本作ると1日休み
8月20日に休んで
嫁さんと映画観ました
「ペンギン・ハイウェイ」
今年作った横笛:134本

愛読書「口語訳古事記」
浮世絵(復刻)収集が楽しみ
読み切りで漫画家デビュー
(デビューしただけ)
夫婦の合い言葉「今が底!!」

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

苦手なもの
電話・目薬・ラベンダー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR