FC2ブログ

12月13日:「旅」で出会った石笛たち②

石笛倶楽部」の旅で守山が持ちかえった石笛を紹介します。
第2弾は「貫通孔の石笛」と「いくつも穴があいた石笛」です。

すべて「ヒビ」があって販売できない「石笛倶楽部」新規登録会員へのプレゼント
知り合いの宮司さんにも差し上げます。


貫通孔の石笛 
守山が演奏に使う石笛「蓮華」とぬなかわヒスイ工房の縄文NEO石笛




●貫通孔の石笛
貫通孔の石笛はヒスイなどの石材に人工的に穴をあけたものが縄文遺跡から出土しています。青森県の
上尾駁遺跡や熊本県の轟貝塚から美しい石笛が出土しています。

上尾駁遺跡の石笛は楕円形のヒスイに縦長の貫通孔をあけ中央に十字に交差する指穴をあけています。指穴は前後に貫通しているので2つです。
轟貝塚の石笛は形は上尾駁遺跡の石笛と似ていますが指穴は貫通しないで1つだけ。

今年亡くなられた古楽器研究者及川尊雄氏の「阿弗利加から旅してきた日本の楽器たち」には陸前高田市の
堂の前貝塚から出土した天然の貫通孔石笛が紹介されています。姿形は串本の石笛とよく似ています。

昔は「縄文遺跡」「石笛」などと検索すると「貫通していない自然石の出土石笛」がヒットしたのですが、現在では人工的に穴をあけた石笛しか出てきません(残念)。

縄文時代の石笛は吹くのが難しくヒスイなど貴重な石材を使っているので、おそらく「シャーマン」のような特別な身分の者だけが吹くことを許されていたのでしょう。

出土石笛に関する報告書を読んだり、実際にぬなかわヒスイ工房さんレプリカ石笛を吹いた経験から判断すると、
上尾駁遺跡轟貝塚の石笛は雄鹿の求愛の声「ラッティングコール」を吹いたと考えて間違いないでしょうそれ以上のことは憶測の域をでません)。



●ラッティングコール
ラッティングコール」は秋に発情した雄鹿が雌鹿を呼ぶ声です。「オオカミの遠吠え」にも似ています。各地の先住民族の狩人たちは声で「ラッティングコール」や「オオカミの遠吠え」を模倣しますし、狩猟用の鹿笛も作られています。
だからといって「石笛を狩猟に用いた」というのはあまりにあさはかな考え。
貴重なヒスイの石笛は集落から持ち出されることなく、一部の者しか見ることも触れることもできない秘宝だったと考える方がしぜんです。

石笛の音色にはさまざまな動物が呼応します。縄文集落の周辺は深い森林です。夜に石笛を吹くと、すぐそばで「ラッティングコール」が返ってきたことでしょう。この声が「神の声」「死者の声」だったのです。
守山も夜「ラッティングコール」を吹いていて、近くで雄鹿が鳴いたことがあります。守山の周囲100mくらいで野うさぎ?やタヌキ?がガサゴソ動くので叫びたくなるくらい強烈な体験でしたよ()。暗闇の中で小鳥も鳴きます。
みなさんも「縄文を語る」なら、真っ暗な山の中で石笛を吹いてみてください

守山が聴いた「ラッティングコール」はB6からD7前後に高くなる2音です。
石笛で再現してみました。    →「石笛で再現したラッティングコール
(個体差があって若い鹿だと高くなりますし立派な鹿だと低くなります)

貫通孔の石笛を吹ける人(守山は「有段者」と呼んでいる)なら簡単に「ラッティングコール」が再現できます。それくらいの「実力」があれば貫通していない石笛でも「ラッティングコール」ができますよ。


石笛を吹いたことのないみなさんは「私も石笛でラッティングコールをやってみたい」と思われるかもしれませんが、これも「3年くらい一生懸命修行したらひょっとして…」というレベルの高さ。
フィギュアスケートで「3回転+2回転の連続ジャンプ」くらいの難度です。
(とりあえず「声」で練習してみてください。「声」でできないことを石笛ではできません。)


あっ!!忘れてたァ!!
ぬなかわヒスイ工房の「指穴つき石笛」は「ラッティングコールできること」というコンセプトで作った石笛です!!
 あれなら簡単に「ラッティングコール」できますよ!!
草野球で「ホームランを打つ」程度の難易度です(



●「貫通孔のいい石笛」は貴重!!
守山愛用の貫通孔の石笛が写真の「蓮華」。がっつり「ヒビ」がはいっています。
①そもそも吹きやすい石笛は数が少ないです
②貫通孔の石笛は数が少なく非常に割れやすいです
③貫通孔で「最高の石笛」は底部の指穴を「全開」しても音が出ます

この厳しい「3つの条件」を満たした石笛は20年以上石笛を探している守山でも数個?
あればヒビのはいった「蓮華」を吹きません!!

けれども「条件2つ」を満たした石笛はソコソコみつかります。
吹きにくい」「ヒビがない」「指穴を全開できる」(なかなか大変です)
吹きやすい」「ヒビがある」「指穴を全開できる」(「蓮華」のタイプ)
吹きやすい」「ヒビがない」「指穴を全開できない」(こういうのが多いです)

条件1つ」なら簡単にみつかりますよ。
でも「吹きやすい」「ヒビがある」「指穴を全開できない」以外は…ねぇ?

誰でも「素晴らしい貫通孔の石笛」を手にできるようにぬなかわヒスイ工房山田修さんと作ったのが「縄文NEO」です。

縄文時代の石笛は吹口が大きく内部が狭くなっています。串本の石笛も同じです。ところが従来の「人工の貫通孔石笛」は穴が塩ビ管のように同じ太さです。「縄文NEO」では底部を狭くすることで吹きやすくて、すべての指穴を全開しても音が出る「完璧」な石笛を実現しました。「自然石」にこだわらない方は是非。



なんだか「前置き」が長くなってしまいました。
」で出会った貫通孔の石笛の個別の紹介は「続きを読む」↓で。








続きを読む

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

12月12日:「旅」で出会った石笛たち①

石笛倶楽部」の旅で守山が持ちかえった石笛を紹介します。
すべて「ヒビ」があって販売できない「石笛倶楽部」新規登録会員へのプレゼント
知り合いの宮司さんにも差し上げます。

「旅」の収穫 
守山が選んだ石笛たち(すべてプレゼント用)



●普通の石笛(穴が貫通していない石笛です)

①穴内部の容積が小さいほど高くなります
②穴が深いほど鳴りやすくなります
③吹口の口径が小さいほど音域が狭くなります

浅くて口径の広い石笛は2オクターブ近い音域が出ますが、音が出ない上級者も多い?
深くて口径の狭い石笛は「誰でも鳴る」けど「半音」しか音程が変わらない場合も…

(今回もそういう「つまらない」石笛は置いてきました)


●基準音程
基準音程」は一番美しい音色になる範囲。ビギナーさんには出せません。チューナーを見ながら「基準音程」が出るように練習するのが一番の上達方法
演奏する場合も「基準音程」を7割。上下の音域はアクセントとして加えると「気持ちのいいサウンド」になります。徹底的に練習してください。


守山ならほとんどすべての石笛で「1オクターブ」以上の音域が出せます。
ビギナーさんの中には「1オクターブを目指します」とか言う人がいますが「一生懸命3年間くらい修行したら、ひょっとして…」の話。
フィギュアスケートで「3回転ジャンプ」するのと同じくらい難しいんですよ。


●操作性
吹きやすさ」は「鳴らしやすさ」。ビギナーさんに優しい石笛です。
操作性」は「自在感」と同義(かえってわからないですネ)。
「音程」や「音量」が自由自在にコントロールできる玄人好みの石笛です。
同じ音程で「かすかな音量」から「鳴り響く音量」まで変えることができ、ダイナミックに高音から低音に変化できます。吹き飽きない遊べる石笛ですよ。


石笛02 

吹きやすさ★★★★★
操作性  :★★★★
音色   
★★★★★
見た目  :★★★★★
基準音程 :B♭6〜B6

総合評価 :★★★★★★
小さくてカワイイ石笛。写真の向きで吹くとエッジが欠けているのでキツイ音色。反対から吹くと柔らかい美しい音色になる。吹きやすい音域は広くないが倍音が強い音色は芯が強く「蒼みがかった独特の音色」で神事にピッタリ。「飛天奏法」ができる吹き飽きない石笛(今回の石笛の中では最上級)。




石笛07 

吹きやすさ★★★★★
操作性  :★★★★
音色   
★★★★★
見た目  :★★★★★
基準音程 :C#7〜D7

総合評価 :★★★★★
小さくてカワイイ石笛。倍音が強烈な「清めの石笛」。第一印象では「キツイ音色」に感じるが(守山が)静かに吹くと「鈴をころがしたような倍音」が心地よい音色になる。吹きやすい音域は広くないが神事にピッタリ。「飛天奏法」ができる吹き飽きない石笛。
女性向き(静かに吹ける上級者に差し上げたいです)。




石笛01 
吹きやすさ★★★★★
操作性  :★★★★★
音色   
★★★★
見た目  :★★★★
基準音程 :E♭7〜E7

総合評価 :★★★★
弱く吹いても大音量。「いかにも石笛」という倍音強烈な迫力満点の神事向き石笛。「払いの石笛」。音は出やすいが静かに吹きにくい。「面白み」に欠けて「守山好み」じゃないので辛口? 総合評価の「★4つ」は最初の2個が素晴らしいから。山伏さんが喜びそう(笑)。



石笛09 
吹きやすさ★★★★
操作性  :★★★★★
音色   
★★★★★
見た目  :★★★★
基準音程 :G6〜G#6

総合評価 :★★★★
裏が「平ら」な割れた石笛。吹口が斜め。適度な大きさで吹きやすく慣れれば相当な音域が使えそう。少し眠たい?男性的な音色の「鎮めの石笛」。音量の幅が狭く「演奏向き」。守山は反対側から吹く「穏やかな音色」が好き。
「ラッティングコール」もできるけど、ちょっと音域が低め。



石笛06 
吹きやすさ★★★★★
操作性  :★★★★★
音色   
★★★★★
見た目  :★★★★
基準音程 :A6〜B♭6

総合評価 :★★★★★
スマホほどのサイズ。スマホと違って石なので重い(笑)。吹口が大きいのでビギナーさんの中には吹きにくく感じる人もいるかもしれないけど、いったん唇の合わせ方を覚えると吹きやすくてコントロールも容易。非常に力強い音色。倍音の混ざり加減が絶妙で力強くもあり、柔らかくもあり、清らかでもある。表現力・包容力に優れた石笛でプロの演奏家が狂喜乱舞するタイプ?「ラッティングコール」も可能です(けっこういい感じ)。



石笛11 
吹きやすさ★★★★
操作性  :★★★★★
音色   
★★★★★
見た目  :★★★★★
基準音程 :A6〜B♭6

総合評価 :★★★★
裏に「龍」と「鳳凰」のような黒い染み。岩海苔じゃないか?と思うけど落ちなかった。まぁこれはこれでアリ(笑)。吹口の深さと口径が「理想的」。吹きやすくてコントロールも容易だが、下唇に丸い部分を当てるので「一点」で当てている感じ。その「安定感のなさ」が長所。唇の変化に石笛の角度を変えることでダイナミックな音程の変化を楽しむことができる。音色は柔らかいがパワーもあり「飛天奏法」も楽しめる。吹いてみれば「いい石笛」。「ラッティングコール」可能。

「龍」と「鳳凰」 
左を向いた「鳳凰(左)」と天に昇る「龍(右)」に見える?




石笛08 
吹きやすさ★★★★★
操作性  :★★★★★
音色   
★★★★
見た目  :★★★★★
基準音程 :C#7〜D7

総合評価 :★★★★★
左側の穴は不要。エッジが荒れていて写真の向きで吹くとジェット機のエンジン音のような「キツイ」音色。反対側から吹くと倍音が心地よく混入する「月光」の音色。吹口が「らくだの背」のように丸いので自在に角度を変えることができる。静かに吹く技術を持っている人には「飛天奏法」も楽しめる「吹き飽きない石笛」。





貫通孔の石笛」と「穴が多い石笛」はまた後日。








続きを読む

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

6月21日:須田郡司さんの講演と「ウズメの舞」

巨石ハンター須田郡司さん(スライド&トーク)「日本の根っこ〜島根の巨石文化
が夏至のイベントとして安楽寺でおこなわれました(主催:岡田路世さん)。

守山も3年目の参加。今年は日本舞踊の加藤妙子さんと「ウズメの舞」を共演。
楽しい1日になりました。

ウズメの面と石笛「海皇」 
「ウズメの舞」の樹皮の面と石笛「海皇」
楽しい巨石のお話をしていただいた須田郡司さん
素敵なオードブルをつくっていただいた樋口加代子さん
おいしい岩茶を出していただいた岩茶房さん
かわいい鉱物盆栽を展示された田中美穂植物店さん
足をはこんでいただいたお客様!!

そしてなにより主催者の岡田路世さん!!!

ありがとうございました。




続きを読む

テーマ : 芸術・心・癒し
ジャンル : 学問・文化・芸術

5月30日:「ウズメの舞」まぁ完成?

6月21日(木)夏至の日のイベントで日本舞踊家の加藤妙子さんとコラボすることになった「ウズメの舞」の石笛曲。加藤さんから「早くCDをもらわないと練習できない」と催促(ごもっとも)もあって毎晩2時まで録音とチェック。
今日は1日仕事(笛つくり)を休んで音声編集と最終チェック。

なんとか形になってCDを作りました。


「ウズメの舞」完成 
完成した曲を試聴


参入音声(声)
ウズメの舞(石笛)
退出音声(声)

トータルで13分ちょっと。

打ち合わせたイメージに沿った形になったけど納得はしていない。
(もう少し工夫の余地が)


これから何度も聴きなおして精度の高い滑らかな演奏に「仕上げ」たいです。


いつものことながら「工芸系」の仕事にはめっぽう強くて?時間も計算できるけど、「アート系」の仕事にはオソロシク時間がかかってしまう。
発想力」がバツグンで「判断力」がマヌケな守山。いろんなコトを思いついて、何がいいかわからなくなるノダ。



これから「アート系」の仕事には「時間かかるよ〜」と言うとかなアカンね(反省)。








テーマ : 芸術・心・癒し
ジャンル : 学問・文化・芸術

5月14日:「ウズメの舞」録音開始

音楽仲間でクリスタルボウル演奏家の岡田路代さんから突然依頼された「ウズメの舞」の演奏。
自宅での録音を開始しました(これが大変!!)。

一昨年去年と毎回参加させていただいている路代さん主催の夏至の日のイベント
巨石ハンター」こと須田郡司さんを招いてのスライド講演会とゲストミュージシャンの音楽演奏。石ソックリのお菓子を囲んで鉱物などの販売展示の楽しいイベントです。

今年は1月に安楽寺で失火。路代さんを取り立ててくれていた伊藤あずみさんが亡くなりました。路代さんがしばらく活動できなくなるほど心を痛めていて守山も心配していたのですが、「安楽寺復興支援のためにやります!!」というメールをいただいて協力させていただくことに。


何事もなければ参加者のみなさんに「宝石すくい」を体験していただく予定でした。「復興支援」なら「宝石すくい」がちょうどいいか…と思っていたところで
路代さんからメール。

なんでも路世さんのヘルパーに来ている加藤妙子さんという女性が日本舞踊を踊られて、須田さんのイベントで「磐座にまつわる舞い」を披露されるとか。

路世:①「踊りの曲として
出雲神楽 楽(がく)の動画を見てください」
   ②「その前後で守山さんの篠笛の曲??を吹いていただけませんか?」

これを守山は「出雲神楽を演奏してください」と勘違い。
①動画をみたけど
出雲神楽 はテンポの速いテクニカルな曲で、しかも出雲の神楽笛を吹いている印象(こんなの守山には演奏デキナイ)。

②守山は篠笛は吹かないけど「ひょっとして越天楽のことかぁ??」
越天楽
出雲神楽 じゃノリが違いすぎるやろぅ???)

急きょスケジュールを調整して京都行き(詳細は4月23日の記事で)。
なんかワケがわからないうちに「ウズメの舞」の演奏を担当することになってしまった!?


石笛の録音 
散らかった部屋で録音(涙)


守山の家はJR阪和線交通量の多い県道にはさまれていて石笛用の録音機材も大掛かり。よほどのことがないと自宅では録音しません(20年で2回?)。CD「石笛」製作も音響のいい西本ビルを何度も借りて録音を重ねたものです。
家でも気軽に録音できたら…」と悩んでいたところ。

突然の話だったけど「録音する体制を整えるチャンス」と前向きに考えてWindowsXP音楽編集ソフトと20年前に買ったSONYウォークマン用のマイクを使って録音を開始(写真)。





続きを読む

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
1958年秋田市生まれ
ラテン系東北人?
心の中は安ワイン+なまはげ
笛仙人・石笛仙人
かつて「ヤッホーおじさん」
今「さすらいの越天楽吹き」

「ドレミ音階」の横笛作家
24年かかって技術的に
満足できるところまで
昨年作った横笛:160本
トータル1327本
今年は少しスローペースに
めざせ月に2日の固定休!!

愛読書「口語訳古事記」
浮世絵(復刻)収集が楽しみ
読み切りで漫画家デビュー
(デビューしただけ)

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

苦手なもの
電話・目薬・ラベンダー
電話は夜9時以降なら…

還暦すぎて体はガタガタ
毎月の薬代>酒代なのが涙

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR