FC2ブログ

5月30日:「ウズメの舞」まぁ完成?

6月21日(木)夏至の日のイベントで日本舞踊家の加藤妙子さんとコラボすることになった「ウズメの舞」の石笛曲。加藤さんから「早くCDをもらわないと練習できない」と催促(ごもっとも)もあって毎晩2時まで録音とチェック。
今日は1日仕事(笛つくり)を休んで音声編集と最終チェック。

なんとか形になってCDを作りました。


「ウズメの舞」完成 
完成した曲を試聴


参入音声(声)
ウズメの舞(石笛)
退出音声(声)

トータルで13分ちょっと。

打ち合わせたイメージに沿った形になったけど納得はしていない。
(もう少し工夫の余地が)


これから何度も聴きなおして精度の高い滑らかな演奏に「仕上げ」たいです。


いつものことながら「工芸系」の仕事にはめっぽう強くて?時間も計算できるけど、「アート系」の仕事にはオソロシク時間がかかってしまう。
発想力」がバツグンで「判断力」がマヌケな守山。いろんなコトを思いついて、何がいいかわからなくなるノダ。



これから「アート系」の仕事には「時間かかるよ〜」と言うとかなアカンね(反省)。








テーマ : 芸術・心・癒し
ジャンル : 学問・文化・芸術

5月27日:アウビング5周年イベントに参加

滋賀県東近江市にある薪火石窯焼パン工房アウビングさんの5周年イベントカラーズに参加。「宝石すくい」と笛の演奏をしてきました。
天気が心配だったのですがオーナーの加納正博さんが晴れ男とか。天気が良すぎて5月とは思えない猛暑になってしまいました。絶好の「宝石すくい」日和


カラーズ(アウビング5周年イベント) 
好天(猛暑)でにぎわうカラーズ会場



加納さんは「クマバチ巣穴」関係の知人。里山を整備して大量に出る枯れた松の枝などを石窯パンの燃料に利用しています。その枝にクマバチが巣穴をあけていたことをブログで紹介。ちょうど松の巣穴を探していた守山。加納さんにお願いして「クマバチ巣穴」を提供していただきました(いただいた巣穴は天理市教育委員会に寄贈)。

その時に自然の話などで意気投合。ドイツ仕込みのおいしいパンにも惚れ込んで?
  今回5周年記念イベントに参加させていただきました。


「宝石すくい」 
もりあがった「宝石すくい」

今回は子どもたちも来るイベントだというので「宝石すくい」。笛の演奏も期待されていて電源を取るのが難しいというので生演奏。ステージやMCもないし、炎天下に集まってもらって演奏するのも酷。会場の空気を読みながらBGM風に。演奏曲は…

琵琶湖周航の歌
いい日旅立ち
春よ、来い
スカボロー・フェア
川の流れのように
コンドルが飛んでいく
越天楽

守山が特製の龍パチで「越天楽」を吹きはじめたら、あきらかに「越天楽」を知っている風な男性がまっすぐ向かってきます(笑)。八日市駅前の老舗お茶屋の「銘茶ますきち」のオーナーさん(六代目の康徳さん?)。
神社で神輿を担がれていて神事で「越天楽」を耳にされるとのこと。
雅楽や神事で吹かれる「越天楽」とは違う龍パチの音色に感動されていました(嬉)。

「洋楽の人かと思っていたら越天楽がはじまって驚いて聴きにきた」とか。
(確かに「コンドルが飛んでいく」と「越天楽」はいっしょに吹かないよね)


金曜日は京都の笛教室
土曜日は朝から大阪府立大学友好祭(まん研パネル展)
そのまま京都の長女に夏布団とどけて…
大津市内のホテルに宿泊

超タイトなスケジュールに荷物もいっぱい(交換した長女の冬布団まで)


炎天下に立ちっぱなしで笛を吹いてフラフラ(軽い熱中症?)だったけど「越天楽」を喜んでくれる人がいるなら自称「さすらいの越天楽吹き」は野を越え山を越え。
嬉しくて慈円上人のことや守山の「越天楽」への想いを熱く語ってしまいました。

康徳さん
!!
 越天楽」吹きたくなったら龍パチさしあげますよ〜。
(滋賀県はまだ2枠のこってま〜す)


カラーズ出店メンバー 
カラーズに参加されたみなさん(次回は10周年?)


イベントに誘っていただいたアウビングの加納さん。一日中「宝石すくい」を手伝ってくれた森口さん
お世話になりました。楽しかったです。




テーマ : イベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

5月14日:「ウズメの舞」録音開始

音楽仲間でクリスタルボウル演奏家の岡田路代さんから突然依頼された「ウズメの舞」の演奏。
自宅での録音を開始しました(これが大変!!)。

一昨年去年と毎回参加させていただいている路代さん主催の夏至の日のイベント
巨石ハンター」こと須田郡司さんを招いてのスライド講演会とゲストミュージシャンの音楽演奏。石ソックリのお菓子を囲んで鉱物などの販売展示の楽しいイベントです。

今年は1月に安楽寺で失火。路代さんを取り立ててくれていた伊藤あずみさんが亡くなりました。路代さんがしばらく活動できなくなるほど心を痛めていて守山も心配していたのですが、「安楽寺復興支援のためにやります!!」というメールをいただいて協力させていただくことに。


何事もなければ参加者のみなさんに「宝石すくい」を体験していただく予定でした。「復興支援」なら「宝石すくい」がちょうどいいか…と思っていたところで
路代さんからメール。

なんでも路世さんのヘルパーに来ている加藤妙子さんという女性が日本舞踊を踊られて、須田さんのイベントで「磐座にまつわる舞い」を披露されるとか。

路世:①「踊りの曲として
出雲神楽 楽(がく)の動画を見てください」
   ②「その前後で守山さんの篠笛の曲??を吹いていただけませんか?」

これを守山は「出雲神楽を演奏してください」と勘違い。
①動画をみたけど
出雲神楽 はテンポの速いテクニカルな曲で、しかも出雲の神楽笛を吹いている印象(こんなの守山には演奏デキナイ)。

②守山は篠笛は吹かないけど「ひょっとして越天楽のことかぁ??」
越天楽
出雲神楽 じゃノリが違いすぎるやろぅ???)

急きょスケジュールを調整して京都行き(詳細は4月23日の記事で)。
なんかワケがわからないうちに「ウズメの舞」の演奏を担当することになってしまった!?


石笛の録音 
散らかった部屋で録音(涙)


守山の家はJR阪和線交通量の多い県道にはさまれていて石笛用の録音機材も大掛かり。よほどのことがないと自宅では録音しません(20年で2回?)。CD「石笛」製作も音響のいい西本ビルを何度も借りて録音を重ねたものです。
家でも気軽に録音できたら…」と悩んでいたところ。

突然の話だったけど「録音する体制を整えるチャンス」と前向きに考えてWindowsXP音楽編集ソフトと20年前に買ったSONYウォークマン用のマイクを使って録音を開始(写真)。





続きを読む

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

5月13日:安楽寺のあずみさんを忍ぶ会

アートピクニックでお世話になった安楽寺の伊藤あずみさん。1月末に突然の出火で命を落とされました。今日は午前10時半から法要と「忍ぶ会」。雨の京都へ行ってきました。


安楽寺 
法然院の南に隣接する安楽寺本堂



仕事続きで寝不足だったのでJR阪和線と京阪線で出町柳へ。小雨の中タクシーで安楽寺。
(交通費おもったより安かった。京都教室も電車で行った方が安いんじゃないか?)

雨は本降りに。200人以上の方が集まっていたように思う。
本堂での法要。焼香させていただいて書院へ。配られた巻き寿司をいただいた。何人か顔見知りを見かけたものの、ゆっくり話をするには人が多かったので途中で帰宅。

雨がひどかったので車いすの路代さんは不参加。



予想より早く帰宅したので少しだけ笛つくり。
明日からは6月21日夏至の日のイベントのために「ウズメの舞」の作曲と録音。






続きを読む

「油抜き」が終わって…

やっと天気がよくなって「油抜き(加熱処理)」再開。
炭火をおこしたり日よけをセットしたりで、終わったらジャスト12時。
昼はまたまたレトルトカレー(さすがに泣けてくる)。

油抜き」した竹は寝室の窓際に立てて来年まで放置(ここは全然カビが生えない)。
古着が積んであるけど気にしないでくださいネ。

あぶった竹の保管 
寝室の窓際で1年放置します

竹を切ったのが去年の12月上旬。ここまで5ヶ月もかかってしまった。
二上山に砂を採りに行ったり、イタドリやクマバチの巣穴を探したりと「春の恒例行事」も終了。
ようやく笛作りに専念。





続きを読む

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

竹の油抜き(加熱処理)

国民の祝日GW!!
山や公園でバーベキューを楽しんだ方も多かったのでは?
5日(祝)こどもの日
守山も家の前で七輪に炭火をおこして楽しみましたがな!!
 竹あぶり(油抜き)

油抜き③ 
去年切った1年分の竹を油抜き(加熱処理)

油抜き④ 
炭火で竹をあぶってから表面をふき取ります


朝9時からはじめて夕方5時前まで。
フリマ用に買った日よけをセットして11月に切った竹をあぶっていく。
和歌山市の竹を230節。千葉県から取り寄せた竹を117節
あぶり終わると1年間乾燥させて来年の笛材料になる。

去年までは念入りにあぶったので表面がカチカチに硬くなってしまった。響きはよくなるけどアートナイフの刃先が折れるほど硬い。和歌山市の竹は肉厚なので、硬くなると時間がかかって仕方がない。琉球民謡には響かない柔らかい竹の方が喜ばれるので、今年は少し浅めに加熱してみた。

朝から同じ姿勢で竹をあぶり続け、昼食はレトルトカレー
なんとか1日で片付けたかったけど、5時前になっても終わりそうになかった…
炭火の後始末もあるし、続きは明日。

明日もまだまだGW!!






続きを読む

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

神戸で「龍パチ」授与式?

今日は神戸の琉球民謡演奏家川杉圭子さんと「石笛倶楽部」会員の永井忠さんのところへ行きました。
「越天楽を吹きたい」という奇特な人に「龍パチ」をプレゼント。

せっかく守山の笛のユーザーさん(女性4人男性1人)に囲まれたのに写真を撮り忘れ。

仕方がないので夕食の写真(笑)。
「神戸」と言えば、「神戸」と言えば!!
ケンミンの焼きビーフン!!
(帰宅してから守山がつくって嫁さんと食べたのさっ)


ケンミンの焼きビーフン 
写真は去年7月の一人飯(今日は嫁さんと2人なのでピーマンがドッサリ)


朝9時前に家を出て11時すぎに川杉さんのご自宅近くのコインパーキング着。
この日は笛教室の日とあって「越天楽を吹きたい」中島さんほか3名の生徒さん。みなさん守山の笛を愛用されています(一人で何本も持っている方も!!)。

もともと「越天楽」が好きでプラ龍笛を買おうとしていた中島さんに「龍パチを差し上げましょう!!」という話をしたら「ください!!」という方が3人も。

せっかくなので「越天楽」について「守山の解釈」を伝えて演奏することにしました。
笛について熱い想いをもった方ばかり。昼食を交えての笛談義!!
 楽しかったデス。



続きを読む

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
1958年秋田市生まれ
笛仙人・石笛仙人
かつて「ヤッホーおじさん」
今「さすらいの越天楽吹き」

「ドレミ音階」の横笛作家
人気の笛がずっと在庫薄で
週に7日間笛を作っています
年中無休の零細製造業
6日で7本作ると1日休み
8月20日に休んで
嫁さんと映画観ました
「ペンギン・ハイウェイ」
今年作った横笛:134本

愛読書「口語訳古事記」
浮世絵(復刻)収集が楽しみ
読み切りで漫画家デビュー
(デビューしただけ)
夫婦の合い言葉「今が底!!」

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

苦手なもの
電話・目薬・ラベンダー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR