FC2ブログ

10月03日:笛のヒビワレ防止

10月の笛つくりスタート。

谺堂の笛は割れることが少ない。1300本以上作って「割れた」という報告は3本だけ?
琉球民謡のお店に置いていた?笛で指穴が完全に割れた以外は、吹口の(反射板)が窮屈で割れたと思われる笛が2本(たしかコレだけ)。

他にもあったらご連絡ください(新しい笛と交換させていただきます)。
あ!!「踏んだら割れました」というのは自己責任で。


それだけ割れないのにはヒミツが!!
竹の切り口に瞬間接着剤を浸透させているからなんです。
アロンアルファ金属用(低粘度)
竹の繊維にのようにしみこんで固まります。デモ本来は金属用なのでノズルに竹の粉がついて大変。接着剤を使い切る前にノズルがダメになってしまいます。
仕方がないので、こびりついた接着剤を何度も何度も削り落して大切に使っています。

瞬間接着剤 
竹の断面にしみこませる瞬間接着剤(ノズルがつまるのでピンを刺しています)



笛の両端の切断面。吹口。指穴に瞬間接着剤を浸透させます。
この接着剤にも欠点があって、塗装に使っているエナメル塗料との相性が最悪。塗装がのらないでシワになったり剥離したりするのです。そこで接着剤を浸透させたあと、表面をペーパーで削り落しているんです。
この手間がシンドイ(毎月1日はつぶれてしまう)。


今日も吹口を成形して接着剤を浸透させようと細いノズルを取りつけようとしたら
ない!?」。

どこを探してもみつからないので掃除機のゴミパックを解体。

うっかり掃除機に 
いつのまにか吸い込んでいた接着剤のノズル



細いチューブをロウソクであぶって試作もしてみたけど使いやすいノズルにならないです。
このノズルだけ売ってねぇかな?







 
プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
1958年秋田市生まれ
「石笛仙人」で動画配信中
「さすらいの越天楽吹き」

笛研究歴25年?の
「ドレミ音階」の横笛作家
いい笛をたくさん作って
悲しみ多きこの世界に
美しい音色を広げたいです
今年は少しスローペース?
めざせ月に2日の固定休!!

愛読書「口語訳古事記」
「梁塵秘抄」もなんとか読破
浮世絵(復刻)収集が楽しみ

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

苦手なもの
電話・目薬・ラベンダー

還暦すぎて体はガタガタ
毎月の薬代>酒代なのが涙

お問い合わせは下のリンク
「笛の店 谺堂」から
メールでお願いいたします

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR