FC2ブログ

10月21日:来年の準備始動

今年も残りわずか?
来年笛にする材料(メダケ)の準備をはじめた。
去年切った和歌山市の竹。自然乾燥油抜き(炭火で加熱)をすませた竹だ。

2019年用の材料 
和歌山市で切った笛用のメダケ(4節×9本)

まず4節のメダケを9本切った。合計36節
太さと長さを測って20ミリ以下の竹は琉球民謡の笛に、太い竹は洋楽を演奏する笛にする。

反りのある竹、節間が短い竹を省くと…
琉球民謡の笛(20ミリ以下)が7本
洋楽用の笛(20ミリ以上)が10本

36節17節に!?(この時点で泣きそうになる)
和歌山市の竹は節間が短い。50センチを越える竹はほとんどない。そのぶん琉球民謡の笛の材料として大量に確保しないといけないのだが、たったの7本では話にならない。



夜はアニメ「君の名は」のDVDを流しながら加熱処理


竹あぶり作業 
単純作業はDVDを流しながら…(このシーンは泣ける)


谺堂の笛には焼いて縞模様がついている。
けっこう賛否両論も…

来年からは竹の表皮を削ってポリマー樹脂を塗った笛を制作・販売しはじめる。
そのとき縞模様が美しく映えるのだ(たぶん)。

加熱しはじめてメダケの1本にヒビ)。
結局…
琉球民謡の笛(20ミリ以下)が7本
洋楽用の笛(20ミリ以上)が9本


一束切ってたったの16本?
一ヶ月分にもならないジャン!!

残った材料 
一束切って残ったのはコレだけ!?(厳)







テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
1958年秋田市生まれ
笛仙人・石笛仙人
かつて「ヤッホーおじさん」
今「さすらいの越天楽吹き」

「ドレミ音階」の横笛作家
笛の製作に時間がかかって
月産20本が困難に…
ちょっとペースダウン
作った横笛1300本越え
今年作った横笛:160本

愛読書「口語訳古事記」
浮世絵(復刻)収集が楽しみ
読み切りで漫画家デビュー
(デビューしただけ)

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

苦手なもの
電話・目薬・ラベンダー

乱視・老眼・白内障
腰痛・腱鞘炎・肋間神経痛…
食卓の上は薬でいっぱい

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR