FC2ブログ

1月10日:イタドリの龍笛が完成

本物の龍笛と同じ形状のイタドリ笛(龍笛スタイル)が1本完成。

龍笛吹口が異様に大きく相当練習しないと音程が不安定になってしまう。
正倉院の宝物に4本の横笛があるけど吹口は篠笛サイズ。
同じような歴史を持つ龍笛だけが吹口が大きい。
守山所有のプラ管で吹口長径が17.2ミリ。短径が13ミリ近く。
最初から下唇を押し込んで吹くようになっている。
縦笛の尺八は吹口径が18ミリ前後なので尺八を吹く人が横笛を作ったら、こんな吹口になるかも。(じつは石笛の吹き方に近いんだけどね)

そんなこともあって龍笛を吹くのは非常に難しい。
神戸の琉球民謡の笛を習っている人も龍笛(プラ管)に手こずっているくらいだ。
しかも安いプラ管はムチャクチャ音が出にくくて調律がオカシイ。
具体的に言うと(ふくら)の「カン)」「)」がばかほど低い。
これでは「越天楽」の「音取り」が吹けない!!

守山プラ管が吹きにくい原因を確かめて直せないか試してみたくなった。
プラ管をなんとかしないと雅楽やる人がいなくなってしまう!!)
そこで「イタドリでつくってみるか」となったわけだ。
イタドリで経験値をかさねていれば竹でつくったときに失敗もしない。

イタドリ龍笛スタイル 
上から去年作ったイタドリ龍笛、今日つくったイタドリの龍笛、評判の悪いプラ管
(プラ管は吹口を磨いて塗装。そうとう吹きやすくなった)





でも…
イタドリで龍笛をつくってマトモな笛になるわけがない!!
演奏するなんて絶対不可能だ!!

というのが常識的な考え方(そらそうだ)。


9本の材料を確保して先に吹口だけを成形。
今日1本目をつくってみたら、なんとか演奏できる龍笛になってくれた。

龍笛の吹き方は難しいので、ある程度指穴をあけないと調律のチェックもできない。
とにかく高く外れないように」と細心の注意をはらって完成させたのだけど、
調律はバッチリのはず?

吹口の微妙な成形で下唇のフィット感がよくなることを発見。
おそらく唇の薄い人分厚い人がつくった龍笛って吹口の成形が違うんじゃないかな?
プラ管が吹きにくいのも吹口の成形が合わないせいだね(これは簡単に直せる)。


最終的には塗装して吹きやすくなってから調律の最終確認。
塗装していないのに高音域が楽に吹けるいい龍笛になってくれた。
ありがたやありがたや…




昼前に岩出の大宮神社十日戎もうで。
工事中だった橋が完成していて大宮神社への進入路が変わっていた。
曲がりそこねて紀の川を渡ってUターン(えらく時間がかかってしまった)。

駐車場もいっぱいだったけど境内は静か?

大宮恵比須 
意外に人が少ない大宮神社


今年1年がんばります。





 
 

テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
1958年秋田市生まれ
「石笛仙人」で動画配信中
「さすらいの越天楽吹き」

「ドレミ音階」の横笛作家
いい笛をたくさん作って
悲しみ多きこの世界に
美しい音色を広げたいです
今年は少しスローペース?
めざせ月に2日の固定休!!

愛読書「口語訳古事記」
「梁塵秘抄」もなんとか読破
浮世絵(復刻)収集が楽しみ

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

苦手なもの
電話・目薬・ラベンダー

還暦すぎて体はガタガタ
毎月の薬代>酒代なのが涙

貧乏人の愉しみは…
アホなこと言うて嫁さん
笑かすこと

お問い合わせは下のリンク
「笛の店 谺堂」から
メールでお願いいたします

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR