FC2ブログ

2月1日:「旅」で出会った石笛たち①貫通孔の石笛

石笛倶楽部」の旅(平日コース)でみつけた貫通孔の石笛を紹介します。

貫通孔石笛(2019平日コース) 
貫通孔の石笛たち




今回の「旅(一人旅)」では狙い通り?貫通孔の石笛を8個みつけることができました。
表情いろいろ…
家で丁寧にクリーニングして吹きくらべてみると「いい石笛」もあり「期待はずれ」も…

貫通孔の石笛についてはブログ
  12月13日:「旅」で出会った石笛たち②  を参照。


●貫通孔の石笛(写真の向きで下から吹きます)

貫通孔石笛1 
吹きやすい」「ヒビがある」「全開できる」石笛です。
吹口径:12.0ミリ 底部口径:11.4ミリ 深さ:28.7ミリ(イシマテガイ)
吹きやすさ
★★★★
操作性  :★★★★
音色   
★★★★★
見た目  :★★★★
基準音程 :G#6〜A6(全開でG7)

総合評価 :★★★★★
残念ながらヒビを発見(涙)。
穴は深いが底部口径が大きいので「全開」しようとすると「圧」がいる。音色もすこし「くぐもった」ところがあってイマイチ。吹いていて気持ちよくならないのは致命的?
なんか「冷めたうどん」を食べているようなモヤモヤが…
初心者でも音が出て「半開」までなら可能?
音域は広く守山が吹くとE5〜G7まで。ラッティングコールもバッチリ!!
裏から吹くと音色の「くぐもった」ところは感じない。でも底部の穴は閉じたまま。「半開」もできないのは辛い…
期待が大きかっただけにガッカリ。




貫通孔石笛2 

吹きやすい」「ちょっと欠けている」「全開できない」石笛です。
吹口径:16.0ミリ 底部口径:13.5ミリ 深さ:20.0ミリ(カモメガイ類)
吹きやすさ★★★★
操作性  :★★★★★
音色   
★★★★★
見た目  :★★★★★
基準音程 :B6〜C7(半開でA7)
総合評価 :★★★★★
形のいい石笛。
吹口径がちょうどいいサイズで唇を「遊ばせ」やすい。吹いていて楽しい石笛。
音色も基音と倍音のバランスがよく気持ちがいい。青灰色の泥岩独特の音色。低音(基音)がしっかりしているので落ち着いた音色。それでいて華やかさもすこし。アニメの声優さんに例えると「少年役の女性」?
高音域は倍音が強くキツい印象になる。
静かに吹いても大きな音が出る反面、
最弱音がかすれる傾向が。
「メリ」気味に吹いたほうが底部の穴を使いやすい。
音域は守山ならA5〜C7。
低音域は「鎮め」。高音域は「清め」。神事によし。演奏によし。の万能石笛。
もちろん「ラッティングコール」も楽勝!!!





貫通孔石笛3 
吹きやすい」「ヒビがある」「全開できる」石笛です。
吹口径:14.4ミリ 底部口径:8.0ミリ 深さ:25.7ミリ(カモメガイ類)
吹きやすさ★★★★★
操作性  :★★★★★★
音色   
★★★★★
見た目  :★★★★★
基準音程 :F6〜F#6(全開でE♭7)
総合評価 :★★★★★★
端っこが出っぱっていてタンカーみたいな形(笑)。
一番上の「集合写真」で左端の中央。まるで「メトロン星人(ウルトラセブン)」。
吹口径・底部口径・深さのバランスがバツグン!!
  エッジも「鋭角」になっているのでムチャクチャ吹きやすい。気持ちよく吹けて音程のコントロールも容易で自然。使い勝手のいい遊べる石笛。
音量は底部を閉じると抑え気味。底部をあけると弱く吹けない。「歌声」に近い感じ。
音色は青灰色の石笛の音色。上の石笛より「おだやか」な「鎮め」の石笛。
音域は守山ならB♭5〜F#7
もちろん「ラッティングコール」も楽勝!!!
「神事」というより完全に「演奏用」。「母さんの歌」バッチリ!!
見た目が悪くてヒビもあるけど、こういう石笛が一番好き。
ヒビを直してAWAYAさんにあげようかな?




貫通孔石笛4 
吹きにくい」「ヒビがある」「全開できる?」石笛です。
吹口径:17.8ミリ 底部口径:6.4ミリ 深さ:31.4ミリ(カモメガイ類)
吹きやすさ★★★★
操作性  :★★★★
音色   
★★★★
見た目  :★★★★
基準音程 :F#6〜G6(全開でE♭7)

総合評価 :★★★★
鉄分を含んだ重くて硬い泥岩。穴の形状が理想的(吹口径18ミリ深さ30ミリ超)!!
 ところが吹いてみると穴が遠くて吹きにくい。
写真の下から吹くと顎が痛くならないけど底部を全開できない。右上から吹く方がマシ。
でも顎が痛くなる…
音色はパワフルな「磐笛」らしい「払い」の石笛。ラッティングコールもできるけど…
「横」から吹くと普通に吹ける(驚)。でも難しい!!


















貫通孔石笛5
吹きにくい」「ボロボロ」「全開できる」石笛です。
吹口径:15.0ミリ 底部口径:9.0ミリ 深さ:26.0ミリ(カモメガイ類)
吹きやすさ★★★★★
操作性  :★★★★★
音色   
★★★★
見た目  :★★★★
基準音程 :G6〜G#6(全開でF7)

総合評価 :★★★★
砂岩に近い石。表面が風化変色している上に剥離もヒドイ。内部も付着物がビッシリ。
大きな穴があいているのでクリーニングしたら吹きやすくなるかと思ったら、内面もガタガタで音を維持するのに「圧」がいる。シンドイ石笛。ガッカリ…
音色はまったりとした?「鎮め」の石笛。
音域は守山でB5〜F7。
初心者が遊べる石笛じゃないし上級者にはもっといい石笛を吹いてほしい。
貫通孔で「ラッティングコール」ができるところだけが長所。
縄文時代なら「シャーマン見習い」の練習用?




貫通孔石笛6
吹きやすい?」「ヒビがない?」「全開できる」奇跡の???石笛です。
吹口径:15.5ミリ 底部口径:10.0ミリ 深さ:22.4ミリ(イシマテガイ)
吹きやすさ★★★★
操作性  :★★★★
音色   
★★★★★
見た目  :★★★★★
基準音程 :(鋭角)A6〜B♭6(全開でF7)
      (鈍角)F#6〜G6(半開でE♭7)
総合評価 :★★★★
裏にも穴があいたボコボコの石笛。大きな穴が裏の穴と融合した「変形貫通孔」。
どうやら「ノジュール」らしくヒビのように見えるのは石の「節理」か。
吹口が斜めになっていて「鋭角」にも「鈍角」にも吹くことができる。
写真で下から吹くと「鋭角」。上から吹くと「鈍角」。
内部にビッシリ付着物があってクリーニングに苦労。その甲斐あって吹きやすくなった。「鋭角」で吹くと唇がフィットしないときがあって音が出なくて「あれ?」となることもある。
貫通孔を閉じていると静かに吹くこともできるが、貫通孔をあける時はパワフルに吹かないと音を維持できない。
「鋭角」で吹くと芯の強い基音と倍音のバランスがいい美しい音色。
パワフルな「清め」の石笛。「ラッティングコール」もできる。
「鈍角」で吹くとまったりとした「鎮め」の石笛に。操作性もこちらの方がいい。
「ラッティングコール」は「半開」で充分。
音域は「鋭角」でG#5〜F7。「鈍角」でE5〜E♭7。
「鋭角」「鈍角」の吹き分けは初心者には不向き。上級者なら遊べます。





貫通孔石笛8−1  
吹きにくい」「ヒビがある」「全開できる」石笛です。
吹口径:10.7ミリ 底部口径:6.3ミリ 深さ:26.6ミリ(イシマテガイ)
吹きやすさ★★★★
操作性  :★★★★
音色   
★★★★★
見た目  :★★★★★
基準音程 :B♭6〜B6(全開でG#7)

総合評価 :★★★★★
屋根瓦のカケラそっくりの色と質感。イシマテガイが無数の穴をあけ吹口も2孔が融合。底部も隣接する穴の壁面にあいた「変形貫通孔」。
小さくて形がイビツなので「どう持って」「どう吹くか」パズルのように悩むところ。
4方向から吹いてみたけど写真の下から吹くのが一番吹きやすくて音色もいい。
吹いてみると操作性もよく貫通孔も全開可能。
「ラッティングコール」もバッチリ。
音量のコントロールが効くので「飛天奏法」もできそう(嬉)。
倍音が強い石笛らしい美しい音色の「清め」の石笛。
音域はB5〜G#7。貫通孔を閉じたときの音域が狭いのが不自由。
写真右下の穴は吹きやすくて音色も強烈。「消毒」する「清め」の石笛。
右端の小さな穴も音が出る。






貫通孔石笛8 
ちょっと吹きにくい」「ヒビがある」「わずかにスキマをあけられる」石笛です。
吹口径:7.3ミリ 底部口径:6.0ミリ 深さ:16.7ミリ(イシマテガイ)
吹きやすさ★★★★
操作性  :★★★★
音色   
★★★★★★
見た目  :★★★★★
基準音程 :E♭7〜E7(全開でB7)

総合評価 :★★★★★★
全長51ミリの小さな石笛。吹口も小さい。小さすぎてちょっと吹きにくく音域も狭い。
ところが音色が最高に美しい!!「秋の虫の声」のよう!!
音程を変えたりアクセントのような表現を加えたりするのが無意味なほど。
「広い屋敷に一人で暮らす姫君が寂しさをまぎらわすために楽しむ石笛」
「錦でできた袋に入れて肌身離さず持ち歩く」そんな感じの石笛です。
音色は倍音が美しい「はかなさ」を感じる音色。倍音が鈴をころがしたように聞こえる「昇天系」の「一音石笛」(笑)。
強く吹くこともできるけど、むしろ最弱音の美しさを楽しむ石笛でしょう。
こういう石笛に出会ったのは初めて。
なかなかいいもんです(嬉)。
でもピーピー鳴らすだけの初心者用の石笛ではない。音色の美しさを引き出すには「技術」と、なにより「心の美しさ」。
「広い屋敷に一人で暮らす姫君」のような女性に!!






テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
1958年秋田市生まれ
「石笛仙人」で動画配信中
「さすらいの越天楽吹き」

笛研究歴25年?の
「ドレミ音階」の横笛作家
いい笛をたくさん作って
悲しみ多きこの世界に
美しい音色を広げたいです
今年は少しスローペース?
めざせ月に2日の固定休!!

愛読書「口語訳古事記」
「梁塵秘抄」もなんとか読破
浮世絵(復刻)収集が楽しみ

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

苦手なもの
電話・目薬・ラベンダー

還暦すぎて体はガタガタ
毎月の薬代>酒代なのが涙

お問い合わせは下のリンク
「笛の店 谺堂」から
メールでお願いいたします

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR