FC2ブログ

6月10日:本管磨いちゃいました

7日(金)豪雨の中いきなりやって来たN島さん
伊勢神宮の雅楽講習会で「プラ管卒業」をうながされ、近くの神具屋さんで白竹本管(4万円)を購入。高価な龍笛(本管)は年代を経た煤竹で作った笛。一方の白竹本管は切って乾燥させたメダケで作っている(なんとN島さんは「試し吹き」もしないで買ったという)。

4万円の本管
白竹の本管(4万円)



試しに(遠慮なく)吹かせてもらったが「なにコレ?」というほど響きが悪い。
吹口の塗料が垂れたプラ管のような響きと音色。龍笛演奏の「要(かなめ)」ともいえる責(せめ)の〒(かん)が特に鳴らない‼️

なんじゃぁ⁉️ こりゃぁ⁉️


吹口を見ると、予想通り塗料が盛り上がって垂れていた。エッジ右に小さな気泡のオマケつき!!
(この場所は「〒(かん)」の音に影響のでる領域)

白竹本管の吹口
白竹本管の吹口の塗装



とりあえず守山があずかって磨くことにして、翌日管の内部をのぞいて仰天
無数の塗装ゴミが付着していた。下に溜まっているのはひからびた塗料の塊
この塗料は本漆なのかカシューなのか不明。価格を考えるとカシューっぽい。守山も昔、尺八に漆を塗ったから基本的な作業工程は把握している。本来は湿度の高い「室」に寝かせて放置して、12時間ごとに「ひっくり返す」工程を経て塗装ムラを防ぐ。この龍笛は「ひっくり返す」のを忘れて塗料が溜まってしまい、表面がひからびて縮緬のような細かいシワになっていた。プラスチックの棒でこするとカリカリ音がするのだ!!

白竹本管の内部
白竹本管内の塗装ゴミ




うひゃぁ〜〜っ‼️これは磨き甲斐があるワイ‼️
みなさんも横笛を買うときは「吹口」と「内部」を見た方がいいデスよ〜〜。











笛の塗装は難しい。
守山も笛を作りはじめた大昔()。「笛作りで一流になるには塗装も一流じゃないとダメだ」と愕然とした。仮に最高の笛をつくっても、塗装が三流だったら「三流の笛」になってしまうのだ!!

この白竹本管をつくった職人さんも(音程は確かなので)「いい笛ができた」と思ったはず。けれども手間のかかる龍笛は1年間に50本ほどしかつくれないのかな?
そのペースだと「塗装も一流」になるのには10年くらいかかってしまう。

きっと職人さんも塗装した龍笛を吹いて「え〜っ?こんなもんかなぁ〜」と落ち込んだのでは?
その結果が「4万円」という販売価格になったとしたら、おなじ笛職人として気の毒だ。
(京都の雅山さんのような大手の工房では塗装職人がいるのでトラブルは少ないです)

自慢するワケじゃないけど1300本の横笛をつくった守山。1本の笛に最低でも2回塗装するので、さすがに塗装は1.5流?(実はいま塗装のトラブルでへこんでいる)
工具もイロイロそろっているゾ(龍笛に限らず横笛をつくっている方の参考になれば)。

塗装ゴミ掃除工具
塗装のゴミを除去する工具



写真の上から
 ①黒板の指し棒(ロケットボールペン)先端にティッシュを巻いて笛内部の結露を拭くのに便利
 ②真鍮のパイプ(反対側にブラシが付いている)
 ③丸棒(太)25年間竹の内部をこすって磨いているレジェンドな丸棒
 ④丸棒(細)これは塗装ゴミ取り専用
 ⑤竹の工具(細い竹の枝の部分をクチバシ型に削ったスグレモノ)

手製の工具
竹製の工具


これはイタドリで笛をつくるときの「節抜き工具」。
山でイタドリ笛をつくった時、藪に生えていた竹(笹?)。使いやすかったので持って帰ってきた。
コンナモノがつくれる「」があれば塗装で失敗なんかしない?


吹口のデコボコを削って磨き、内部のゴミを除去。ひからびてシワになった塗料だまり指し棒で削ってフェルトバフで磨いた。

所要時間は20分‼️

塗装(カシュー?)に傷がつくと塗り直しできないので「慎重」と言えば「慎重」なんだケド、「元が元」なので?演奏できるレベルにしてやればいいのは「気楽」(N島さんの笛だし)。

本管内部(研磨後)
磨き終わった龍笛の内部


さすがに「アルティメットプラ管」にはとどかないものの、音量が増して吹きやすくなりました。
(責の丁があと一歩?「越天楽」じゃ丁を使わないのでワカラナイ)
音色も「少し華奢」な感じはするけど「竹らしい」音色で悪くない。これから一夏越えれば塗装が落ち着いて、もっとハリが出てくるんじゃないかな?

こんな笛になったよ」って、つくった職人さんに吹いてもらいたいなぁ。4万円じゃ安いって…
時間も費用もかからない。龍笛を作っておられる方の参考になれば嬉しいです。

塗料を削って、丁寧に拭き取ってから吹いたのに守山の唇(上下)がムズムズ… 守山は漆に耐性があるのでムズムズですんだけど、耐性のない人だったら大変。笛の内部に漆を塗ると1年くらいは音が悪くなる。職人さんたちも塗装してから1年は置いておけないので、「そこそこ乾いた」状態で出荷するのは仕方がないのか?
ネットの販売サイトでも「吹いて体調に違和感を覚えたら、風通しのいい場所に1ヶ月放置してください」という注意書きが。「体調に違和感」があったらヤバイけど、告知しているだけ良心的なほう?


龍笛を買うのもナカナカタイヘンなのだ。



プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
1958年秋田市生まれ
「石笛仙人」で動画配信中
「さすらいの越天楽吹き」

笛馬鹿歴25年!!の
「ドレミ音階」の横笛作家
1300本作りました(笑)
いい笛をたくさん作って
悲しみ多きこの世界に
美しい音色を広げたいです
今年は少しスローペース?
めざせ月に2日の固定休!!

愛読書「口語訳古事記」
「梁塵秘抄」もなんとか読破
浮世絵(復刻)収集が楽しみ

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

苦手なもの
電話・目薬・ラベンダー
あ、ほどほど飲みも苦手だ

還暦すぎて体はガタガタ
毎月の薬代>酒代なのが涙

お問い合わせは下のリンク
「笛の店 谺堂」から
メールでお願いいたします

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR