FC2ブログ

7月7日:星田妙見宮七夕祭

5日朝起きたらAmazonさんから「あなたにオススメの商品」のお知らせ。
65歳、朝まで凄い‼︎」とか勝手に山ほど届くヤツだ。いつもなら速攻でゴミ箱行き。
ところがタイトルに目が止まった…
「日本古代歌謡の世界」

皇居に伝わる雅楽や神楽などのCDのようだ。高かった(10486円)けどカード払いならとクリック
6日夕方に届いたけど、国内最高のメンバーが演奏する「秘曲」「秘歌」(初収録)の集大成CD。
収録時間はCD4枚で5時間近く⁉️ とんでもないCDだった。

日本古代歌謡の世界
「日本古代歌謡の世界」CD(4枚組みで5時間近く)



さすがに聴いている時間がなかったのでUSBにダビング。車で聴きながら交野の星田妙見宮へ。
今日(7日)は楽しみにしている「七夕祭」。
夜にはなんば雅楽会の奉納演奏があって、東京から岩佐堅志さんも参加。
プラ管磨き」をぜひ紹介したいと心待ちにしていたワケだ。

道中1時間半「日本古代歌謡の世界」を聴く。
ネットかなにかで「雅楽は調和だ」という記事を読んだけど、まさに「調和」。








CDは監修の多忠麿先生が徹底的に臨場感にこだわり、演奏者が耳にする通りのバランスに調整されています。静かな龍笛から声を張り上げてうねるような歌謡まで、サウンドはさまざまに形を変えます。
守山はCDの解説書を読んで改めて雅楽の「奥深さ」にふれることができました。
これが後白河法皇が愛したサウンドかぁ⁉️」と感激


星田妙見宮では(けっこう疲れがたまってたんだけど)祈祷を受けて心なしか元気?に。
ドキドキしながら岩佐さん磨いたプラ管をみていただいて雅楽の演奏を楽しみました。

なんば雅楽会
なんば雅楽会の演奏(すごかった〜)


写真を見ていただくとわかるのですが、10人の演奏(場所も窮屈)。
それでも谷に響き渡る演奏は迫力があって「日本古代歌謡の世界」そのもの。
(聴いて曲目がわかれば、もっと理解できたと残念)

雅楽の素晴らしさを再認識・堪能した1日になりました。



追悼
5日(偶然にもネットで「日本古代歌謡の世界」の広告が届いた日)CDで演奏されていた龍笛の芝祐靖先生が亡くなられました。
CDで聴く芝先生の笛は比べようがないほど澄んだ美しい音色でした。美しい音色を遺していただいたことに感謝しかありません。心よりご冥福をお祈り申し上げます。






テーマ : 芸術・心・癒し
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
1958年秋田市生まれ
「石笛仙人」で動画配信中

笛馬鹿歴25年!!の
「ドレミ音階」の横笛作家
1350本作りました(笑)
いい笛をたくさん作って
悲しみ多きこの世界に
美しい音色を広げたいです
今年も少しスローペース?
めざせ月に2日の固定休!!
今年の笛作り、まだ6本

雅山さんの展示会で
煤竹樺巻の神楽笛を買った
漆の笛は音色が気持ちいい
やっぱり「漆」だよな…

愛読書「口語訳古事記」
「梁塵秘抄」も読破
浮世絵(復刻)収集が楽しみ

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

苦手なもの
電話・目薬・ラベンダー
あ、ほどほど飲みも苦手だ

還暦すぎて体はガタガタ
毎月の薬代>酒代なのが涙

朝〜22時は電話応対無理です
お問い合わせは下のリンク
「笛の店 谺堂」から
メールでお願いいたします

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR