イタドリの篳篥作り①

イタドリの龍笛も7本完成。今日からイタドリの篳篥(パチリキ)つくり。 
もともとパチリキAWAYAさんに提供するためにつくった笛。
AWAYAはともきちさんゆうさん2人のユニット。ゆうさんの「優しい歌声」をともきちさんの「やわらかで多彩なサウンド」が包みこんで、熊野の自然に寄りそうような曲を創り出しています。守山のイチオシの音楽仲間。

なかでもともきちさんの篳篥が印象的なのですが安いプラ管。「イタドリの篳篥ならAWAYAさんにピッタリ」と、2015年にイタドリとハンダゴテを持ち込んで、中辺路のスタジオで試作しました。それがパチリキ1号です(写真)。のびのある優しい音色で愛用してくれていたのですが、2016年にスタジオが火災。「世界に一つ」の「パチリキ」も燃えてしまいました。
ともきちさんとパチリキ 
パチリキ1号を演奏するともきちさん

そこで急きょ2人でパチリキ2号をつくったのですが「高音域が使いにくい」とのこと。なんせ篳篥を吹けない守山がぶっつけ本番でつくるのですから、そう簡単にはいきません。そこで今回何本か作って、そのうち1本は塗装してみたいです。

 





パチリキ
をつくるにあたって最大の「壁」は「守山が篳篥を吹けない」こと。 正確な音程がだせないと調律できません。パチリキ1号をつくったときは…
①ハンダゴテでイタドリに小さな指穴をあけ
ともきちさんにわたします
ともきちさんが「舌(リード)」を差し込んで音を出してチューナーで計測
④「舌」を抜いて「まだ低い」と守山に返してくれると
⑤ハンダゴテで穴をひろげる
 
完成するまでに3時間くらいかかった記憶があります。

本来篳篥は内径の細い肉厚な竹の上端を漏斗状に削って「舌」を差し込みます。ところがパチリキ1号は太い肉薄のイタドリを使って上から「舌」を差し込むだけ。「舌」がグラグラと不安定になりやすい欠点がありました。

そこでパチリキ2号は肉厚なイタドリの上端を漏斗状に削って製作。「舌」は安定しましたが「高音域が使いにくい」との報告。

守山も篳篥を演奏すべく「舌」を買ってきたのですが、これが篳篥を吹く人に見せたら「とんでもない不良品」とか。守山の音程もメチャメチャだったそうです。

◎正確な音を出すアイデア①
ともきちさんの「手」をわずらわさずにパチリキをつくろうと試行錯誤。アヒルのおもちゃについているリードをゴム栓につけて篳篥にとりつけてみました(写真)。
ところが下2つの指穴を閉じると音がでません(残念)。
おもちゃのリード 
いいアイデアだと思ったんだけど(ゴム栓も手作り)


◎正確な音を出すアイデア②
頭をかかえてウロウロウロウロ… 
夕方買い物に出かける車の中で「リコーダーの吹口」がひらめきました。民族楽器コイズミさんに卸している沖縄音階と尺八音階のリコーダーをつくるため100均で買ったリコーダーが何本かのこっていたのです。
さっそく竹でジョイントをつくって篳篥に差し込んでみました(写真)。なんとか指穴を閉じた「筒音」まで出てくれます。
ヒチリコ 
篳篥のリコーダーなので「ヒチリコ」と命名
リコーダーのジョイント 
ヒチリコのジョイント(竹製)

これでパチリキをつくる目処がたちました。

◎材料の選別
ストックしているイタドリは山ほどあるのですが、今回はジョイントを差し込んでつくります。篳篥と同じ形状にするために太さのちがうイタドリや肉薄なイタドリは排除。厳選するとたった8本しか材料が確保できませんでした。
切りとった材料 
厳選した材料(少なさに顔がくもる)

指穴をあけても最終的にともきちさんに吹いてもらわないと調律のチェックができません。形のいい材料で失敗はできないので、とりあえず内径の細いイタドリを4本確保。さすがに不安なので竹でも用意することにしました。

◎上端の成形
ジョイントを差し込むために上端を漏斗状に削ります。イタドリの内部はスポンジ状なので成形が簡単。棒ヤスリ(マジックサンダー)ですこしずつ削っていきます。
イタドリの加工 


最終的にイタドリ+竹で5本分の材料を成形。イタドリでは密着性がよくて「筒音」まで気持ちよく出せます。まず最初に竹で試作。指穴の位置を確認してからイタドリで2本つくる予定。


明日は守山の60回目の誕生日で星田神社へお参り。明後日とりあえず龍パチを塗装。それからゆっくりつくります。

50代最後の笛つくりでした。




テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
笛仙人・石笛仙人
かつて「ヤッホーおじさん」
今「さすらいの越天楽吹き」

「ドレミ音階」の横笛作家
人気の笛がずっと在庫薄で
週に7日間笛を作っている
年中無休の零細製造業
6日で7本作ると1日休み
貴重な休みは神社で越天楽?

愛読書「口語訳古事記」
ライフワーク「越天楽」独奏
浮世絵(復刻)収集が楽しみ
読み切りで漫画家デビュー
(デビューしただけ)

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR