「油抜き」が終わって…

やっと天気がよくなって「油抜き(加熱処理)」再開。
炭火をおこしたり日よけをセットしたりで、終わったらジャスト12時。
昼はまたまたレトルトカレー(さすがに泣けてくる)。

油抜き」した竹は寝室の窓際に立てて来年まで放置(ここは全然カビが生えない)。
古着が積んであるけど気にしないでくださいネ。

あぶった竹の保管 
寝室の窓際で1年放置します

竹を切ったのが去年の12月上旬。ここまで5ヶ月もかかってしまった。
二上山に砂を採りに行ったり、イタドリやクマバチの巣穴を探したりと「春の恒例行事」も終了。
ようやく笛作りに専念。






あぶったのは 和歌山市の竹が230節
傷一つないけど節間が短くて肉厚。ほとんど琉球民謡用の笛になる。節間が短いと売れ筋のB管C管になってくれない。C#管の材料ばかり50本あっても頭をかかえるばかり。最終的に処分することもある(残念)。
あいかわらず作りもしないケーナ用の竹を切ってるし、少し反りの大きい竹もある。
7割使えれば上等。

千葉の業者さんに頼んで切ってもらった竹が117節
4m(平均8節)の竹を100本購入。60cmをこえる節間の竹もあってG管F管は千葉の竹じゃないとダメ。期待しているけど、実際は傷がひどくて8割を泣く泣く処分。残ったのが117節だけど、あぶってみると傷や反りがあって使えるのは半分あれば

千葉の業者さんには1日もはやく「笛にする竹」を理解してもらいたい(大泣)。
(でも千葉の竹は傷だらけで守山が切っても確保がムズカシイ)


昼から必死で?笛つくり。19時すぎに何とか完成。
今月10日で6本目(4本分遅れている)。
 1日:神戸訪問
 2日:1日かかって塗装前の準備
 5日:「油抜き」1日で終わらず
 6日:塗装
 8日:京阪守口笛教室
 10日:「油抜き」終了

こうしてふりかえると6本が限界か…


今日も22時まで頑張って7本目の吹口途中まで進めた。ここから先はデリケートな作業。酒を飲んでする仕事じゃないっす。
こんな調子であくせく笛をつくって
気がつけば先月通算1200本を越えていた。
(今年あと154本!!)



5月27日(日)滋賀県東近江市のパン屋さんアウビングさんの5周年イベントで「宝石すくい」。笛の演奏も。
楽しみ楽しみ。

そのためにも頑張って時間をつくらなきゃ!!



 




テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
笛仙人・石笛仙人
かつて「ヤッホーおじさん」
今「さすらいの越天楽吹き」

「ドレミ音階」の横笛作家
人気の笛がずっと在庫薄で
週に7日間笛を作っている
年中無休の零細製造業
6日で7本作ると1日休み
貴重な休みは神社で越天楽?

愛読書「口語訳古事記」
ライフワーク「越天楽」独奏
浮世絵(復刻)収集が楽しみ
読み切りで漫画家デビュー
(デビューしただけ)

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR