FC2ブログ

6月21日:須田郡司さんの講演と「ウズメの舞」

巨石ハンター須田郡司さん(スライド&トーク)「日本の根っこ〜島根の巨石文化
が夏至のイベントとして安楽寺でおこなわれました(主催:岡田路世さん)。

守山も3年目の参加。今年は日本舞踊の加藤妙子さんと「ウズメの舞」を共演。
楽しい1日になりました。

ウズメの面と石笛「海皇」 
「ウズメの舞」の樹皮の面と石笛「海皇」
楽しい巨石のお話をしていただいた須田郡司さん
素敵なオードブルをつくっていただいた樋口加代子さん
おいしい岩茶を出していただいた岩茶房さん
かわいい鉱物盆栽を展示された田中美穂植物店さん
足をはこんでいただいたお客様!!

そしてなにより主催者の岡田路世さん!!!

ありがとうございました。








巨石ハンター須田郡司さんは群馬県出身の巨石写真家出雲大社のすぐ近くに在住。
日本全国・世界各地の巨石をめぐり写真集を出版。今に伝わる古代磐座信仰を研究されています。

須田郡司さんスライドショー 
須田郡司さんのスライド&トーク

今回は1月に亡くなられた伊藤あずみさんを忍び収益金で「安楽寺の復興支援をしよう」ということで開催が決まりました。

島根県周辺の巨石や信仰対象となっている磐座を写真で紹介。
語り口にもあたたかい人柄があふれ、写真もどこかあたたかい感じがします。



日本舞踊家の加藤妙子さんとコラボした「ウズメの舞」。
演奏することになってイメージにあう石笛を選別、流れのはっきりしたサウンドにすべく試行錯誤。さまざまなサウンドを録音して聴きくらべて構成を考え、最終的に録音してCD作成。加藤さんにとどけてチェックしていただいたりと、普段の石笛演奏ではできないことに挑戦しました。(こういうチャンスがないと動けないですよね)



「ウズメの舞」 
初挑戦の「ウズメの舞」(左下が守山の帽子)


なにしろ出番が須田郡司さんの講演と休憩がおわったあと。
(できれば最初に済ませてゆっくりしたかった)
いざ」というタイミングで庭師さんが草刈りをはじめたり…
イロイロあったけど、おもしろかったです。

石笛「海皇」は「石笛の王」と言われたこともある風格をもつ石笛。ただ吹口が不整形、エッジの軸がわずかにずれていて唇がきまりにくい「気難しい石笛」です。
いつもは「神事風」に吹くことが多く、今回「ウズメの舞」の構成をくみたてる中で、その可能性と真剣にむきあうことができました。

こういう曲は演奏を重ねながら「仕上げて」いくもの。これから星田神社や笛吹神社で披露しながら極めていきたいです。



演奏がおわってホッと一息。樋口加代子さんのオードブルをいただき、「宝石すくい」を楽しんでいただきました。


素敵なオードブル 
食用花などふだん口にしない食材がつかわれた目にも美しいオードブル

梅雨時だったけど好天にめぐまれて楽しい時間をすごすことができました。
あらためて須田さん路世さん加藤さん樋口さん安楽寺のみなさん
ありがとうございました。






テーマ : 芸術・心・癒し
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
1958年秋田市生まれ
笛仙人・石笛仙人
かつて「ヤッホーおじさん」
今「さすらいの越天楽吹き」

「ドレミ音階」の横笛作家
笛の製作に時間がかかって
月産20本が困難に…
ちょっとペースダウン
作った横笛1300本越え
今年作った横笛:160本

愛読書「口語訳古事記」
浮世絵(復刻)収集が楽しみ
読み切りで漫画家デビュー
(デビューしただけ)

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

苦手なもの
電話・目薬・ラベンダー

乱視・老眼・白内障
腰痛・腱鞘炎・肋間神経痛…
食卓の上は薬でいっぱい

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR