FC2ブログ

6月30日:星田妙見宮太上神仙鎮宅霊符

星田妙見宮でいただいた「太上神仙鎮宅霊符」を仕事場に祀ることができた。
還暦の厄落としにと2月8日(誕生日)にいただいたのだから5ヶ月近く…
京都の寺町通りに額装してくれる店があるのだが車で行く機会がなく、22日の笛教室で額装することができた。

どこがいいか」まよったあげくチューナーの横に。岡野弘幹さんはお引っ越し。


太上神仙鎮宅霊符 
さっそく水とお酒をおそなえ

太上神仙鎮宅霊符」は「太上神仙七十二霊符」とも呼ばれ「人の一生に襲いかかる七十二の厄災すべての護符」が木版画で摺られている(版木は江戸時代のものとか)。
蛇虫除けの護符」もあるよ。


ありがたやありがたや…


仕事場なので(ほぼ)毎日演奏。
神前で演奏すると「嘘やゴマカシ」は通用しない。
毎朝「越天楽(龍パチ)」や「ウズメの舞(海皇)」を奏上すれば上達するカモ!!


ありがたやありがたや…
(壁におそなえ用の白木の棚をつけないとイカンね)




6月は「ウズメの舞」作曲?と演奏。夜は「ホタルの観察会(上旬)」。
大変だったけど笛を20本製作(今年80本め)。
「誤差のない笛をつくる技術」も長い長い研究の果てに完成(したのかな)。
7月も「遊びの寺子屋」の「宝石すくい」。守口の笛教室が2日(振替日)。
そうそう7日に星田妙見宮に参拝予定。


スケジュールがつまっているケド、なんとか笛を20本つくりたいです。








コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
1958年秋田市生まれ
笛仙人・石笛仙人
かつて「ヤッホーおじさん」
今「さすらいの越天楽吹き」

「ドレミ音階」の横笛作家
笛の製作に時間がかかって
月産20本が困難に…
ちょっとペースダウン
作った横笛1300本越え
今年作った横笛:160本

愛読書「口語訳古事記」
浮世絵(復刻)収集が楽しみ
読み切りで漫画家デビュー
(デビューしただけ)

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

苦手なもの
電話・目薬・ラベンダー

乱視・老眼・白内障
腰痛・腱鞘炎・肋間神経痛…
食卓の上は薬でいっぱい

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR