FC2ブログ

8月19日:なんてことのない一日

昨晩、塗装したての笛を部屋に入れたら朝から頭痛(熱はない)。「コロナ」かと思った…
(守山はシンナー系の匂いに弱いのを忘れていた)

「真夏の塗装祭り」第2弾。次の塗装まで数日あるので久しぶりに笛製作。
短めの竹なのでBb管にするつもりが、吹口位置が節に近くてA管になりそう。
「んじゃA管でいいや」と製作してみたら小さな傷があることに気が付いた。「深い傷」だと廃棄。
少し削ってみたら内部はキレイ(よかったよかった)。
でも竹を削ってしまったので龍笛のように吹口と指穴の周囲を削った笛にせざるを得ない。
引っ込みがつかなくなって吹口周囲を削った。「谷刳り(たにえぐり)」という面倒臭い作業。

吹口を「谷抉り」
吹口を「谷刳り」


午後2時から横笛教室。わんぱく公園が「コロナ」で使用できなくなったので海南nobinosを利用。
広い多目的室を生徒4人とノビノビ。生徒があと5人くらい増えても大丈夫⁉️
横笛教室は当面「nobinos」で第4水曜の14時〜16時に行います。

海南nobinos
海南nobinos


夕方、嫁さんを職場に迎えに行って「スーパー銭湯」へ‼️ ゲッ月に1日の「定休日」じゃん⁉️ 😢
泣く泣く「王将」で晩飯。帰宅して消防分団のパトロール。23時に帰宅して狭い「家の風呂」。😢



ブログに「酒の話が目立つ?」おかげか、よくお酒が送られてくる。😆😆😆
首都圏の「石笛倶楽部」会員さんから日本酒と「珍しい塩」が届いた。
先日「倶楽部」に登録していただいて、記念に石笛を差し上げたばかり。

日本酒が届いた(嬉)
突然届いた珍しい日本酒


ありがとうございます。
おいしくいただきま〜す‼️




続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

8月18日:「真夏の塗装祭り」②

海外輸出用の笛「TSUKUMOシリーズ」、内部をカシュー(赤)で塗装。気温は41℃⁉️ 消耗‼️
疲れがたまっているのか塗装していて一番疲れた。予想以上に時間がかかったし…

でも「笛らしく」なってきたのは嬉しい。
ただ「フルート調律の笛」はこれから「栓」を詰めるので「音が出ない」のが残念だな〜😄

内部を塗装①
「TSUKUMOシリーズ」の内部を塗装(1回目)


ベランダの温度が40℃を超えているので夕方笛を部屋に入れた。
部屋じゅうにカシューの強烈な匂い‼️ 😢

翌朝、熱はないけど強烈な頭痛⁉️ 「コロナじゃないよなっ」 😢😢😢
(さすがに当日に部屋に入れるのはまずかった)

「フルート調律の笛」に「栓」を詰めて調律の最終チェック。塗装したら「塗装祭り」第2弾は終了。
「TSUKUMOシリーズ」が完成に近づいてきたゾ‼️




テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

8月16日:「真夏の塗装祭り」第2弾①

おととい(14日)「真夏の塗装祭り」第1弾‼️がおわったばかりなのに「第2弾」に突入⁉️

海外輸出用の「TSUKUMOシリーズ」。つぎは内部を2回塗装して最後に吹口だけ重ね塗り。
今回は先に吹口だけ塗ってみた。「龍笛風」の厚塗りにチャレンジ‼️
龍笛では吹口周囲を塗装で「ぼってり」塗っている。吹口周囲を赤く塗るのは「飾り」ではない。「たなかや」の龍笛プラ管で「音色が別物」なのを確認済み。同じ金型のプラ管なのに「ぼってり」塗った方が音色の「芯」が強くなる。
「ポール・ニューマン」が「チャールズ・ブロンソン」に「変身」するようなカンジなのだ⁉️ 🤣🤣

ただ「巨大な吹口に下唇を押し込む」龍笛とちがって「小さな吹口に下唇をそえる」横笛なので
「なんか吹きにくい」という人がいるかもしれないし、調律が変わってしまうおそれもある。
(ナニゴトモヤッテミナイトワカラナイ)

これまで数本「試験的に」塗った印象では「吹きにくい」ほどの違和感は感じなかったし、調律にも変化はなかった。それでいて音色の「厚み」が増したように思う。

「真夏の塗装祭り」第2弾
吹口周囲を赤く彩った「TSUKUMOシリーズ」


「局面に曲線を描く」ので作業は神経をつかって大変だった‼️
「唇側」を薄く「エッジ側」を厚めに、気泡やムラなく「左右対称」に塗っていく。「不対称」になったりはみ出した部分はシンナーで拭き取って形を整えた。
「たなかや」のプラ管で「先代の職人さん」が塗った厚塗りのプラ管は塗料が吹口に垂れていた。同じ作業をやってみると「周囲を厚塗りする工程で内部に垂れた」のだと理解できた。「職業」とはいえ大変な仕事だよな(守山は15本。プラ管は1000本だっけ?)。

「丸椅子」に座りながらの作業で「消耗」は少ない。BGMはAWAYAさんの「ちいさな窓から」。
15本で2時間ちょっと。気温は38℃‼️ 😢

吹口周囲を赤く塗った笛
吹口周囲を赤く彩った笛(巻いた糸の違いがよくわかる写真だね)


いま(17日)ちょっと吹いてみたら「めちゃめちゃいい音」‼️
18日は内部の塗装。それから1週間ほどは涼しい部屋で笛つくり‼️😊



テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

8月15日:「TSUKUMOシリーズ」試し吹き

半月かかって糸を巻き「真夏の塗装祭り」で汗だくになりながら塗装した「TSUKUMOシリーズ」。
実は樹脂を浸透させるために「吹口の栓」をはずしているため「音が出ない」‼️ 😢😢😢
ためしに4本、栓を詰めて吹いてみた。


スゲェいい音‼️
(内部を塗装していないのに守山の演奏用の笛よりいいんじゃないか?)
栓をつめた笛
「TSUKUMOシリーズ」に栓を詰めて試し吹き(箱の中に栓がころがってるヨ)


吹口の「栓」の位置はビミョ〜。0.2ミリずれると調律が変わってしまう(たぶん0.1ミリでも×)。
そのため「フルート調律の笛」は先に内部を塗装して高音域を出やすくしてから「栓」を詰める。
(ほんとにトンデモナク手間がかかるのだ)
今回「栓」を詰めたのは「フルート調律」じゃないG#管とA管3本。いいのは「守山用」‼️



夕方、少し時間を取って「1時間の草むしり」。汗だくになって風呂場に直行‼️
あと1時間でおわるけど「アシナガバチの巣」を発見⁉️ 😵
こんどはモンスターとのバトルかよっ‼️

真夏の草むしり
真夏の草むしり


「お盆やすみ」とかで海やプールで泳いでる連中が少しだけうらやましいゾ…… 😢



テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

8月14日:「真夏の塗装祭り」終了

12日〜14日と炎天下での塗装作業が終了。笛も「日焼け」して🤣糸も落ち着いた色に。
内部が赤いのは「TSUKUMOシリーズ」第一弾のG管。追加で糸を巻いたので塗装しなおした。
細すぎて「頼りない音色」だったのが、糸を巻いて響きが「別物」になった‼️
デモ、やっぱり「手抜き」の2本は見劣りするよな〜 😢

カシュー(こげ茶)塗装後
表面の塗装がおわった「TSUKUMOシリーズ」


11日、守口の笛教室から帰宅して夜中まで笛に「串」を固定。
高温で笛が割れては困るので8ミリの丸棒に包装用のダンボールを巻いて押し込んである。

串笛?笛団子?
「笛団子?」「笛串?」


たっぷりアクエリアスゼロを飲んでベランダへ。刷毛でカシュー(こげ茶)を塗って布で拭きとる。
ベランダの気温は38℃‼️ カシューの乾燥時間が2時間弱。布に付着したカシューがあっという間に乾いて、湿布のように笛に張りついてしまう。手早く塗って1本ごとに布の位置を変え、何枚も交換しながらの作業(乾燥が遅い冬はなにもトラブルがなかった)。
額から流れ落ちた汗がメガネにポタポタ。ビニール手袋にも汗がたまってヌルヌルすべる。
7月に買った「冷風機」を背後から使ったので足元は少し涼しい。😁
2日目はバンダナで額を隠し、布手袋を使うようにした。DAISOで「ハギレ」も追加購入。

カシュー塗装後乾燥
塗装後の乾燥


夕方には「西日」がさしこんできてトンデモナイ気温⁉️ 笛も「風呂」につけたようにポカポカ⁉️
今度はホームセンターへ行って「サンシェード」を買ってきた‼️

塗装後のベランダ

塗装すると糸の色が変わる(写真)。
いちばん変わるのが「緑」。いわゆる「カラスの濡羽色」(けっこ〜気に入っている)。
G管は「こげ茶」、A管は「赤茶」にしよ〜かな?「両端」がいいカンジだね。
「赤」はムラが目立ってイマイチだな〜😢
こ〜ゆ〜ことも「やってみないと」だね。

糸の色と塗装後の比較
塗装前後の「糸色」の比較




塗装の所要時間は2時間半ほど(なんとか午前中におわる)。
塗装がおわると風呂に直行‼️ 服も洗濯‼️
初日の夜は嫁さんとスーパー銭湯に行けたケド、2日目3日目は「漢の手料理」‼️
2日目は嫁さんの帰りが遅いので「海鮮丼」の一人飯(日本酒をしこたま飲んだゾ)。
3日目は「流水麺(そ〜めん)」。「焼きそば」にするつもりが「ピーマン(一袋6個入り)」で断念‼️
(6個もタネ取ってられるかヨ〜)

海鮮丼


3日間しこたま飲んで寝不足… 睡眠不足だと「間脳」の機能が落ちて体温調節がダメになる…
ここは「反省点」だな‼️ 「反省」「反省」‼️

デモこの3日間で笛を1本製作したぞ‼️ 「エライ」「エライ」‼️
少し反った節間の長い竹を8センチ切ってA管にした。「琉球民謡の笛」だとネットに上げて1週間で売れる。けれども「フルート調律の笛」ばかり製作していたから「調律の勘」がもどるかど〜か…
結局、中間的な「竹笛の調律」にしたけど、やっぱり「勘」がもどらなくて苦労…
こんなことなら「琉球民謡の笛」にすればヨカッタ…





テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

8月8日:笛に糸を巻きおわる

表皮を削って樹脂を浸透させた海外輸出用の笛「TSUKUMOシリーズ」。糸を巻き終わった。
16本に木綿糸を巻いて瞬間接着剤を浸透(接着剤が水分と反応して白くなっている)。
2本「手抜き」。これは「安い笛」(そ〜ゆ〜のも無いと…)。

これから「はみ出した接着剤」を削り落として全体にペーパーがけ。塗装すると「木綿糸」が「皮」を巻いたようになってカッコ良くなる‼️

緑の糸を巻いた笛は「よく見たら緑?」という「カラスの濡羽色」になる。赤い糸はど〜なるかな?
大変な作業が続くけど、楽しみ楽しみ‼️ 🤣

糸を巻き終わった笛
糸を巻いた「TSUKUMOシリーズ」


糸を巻きはじめたのが7月23日。毎日朝から夕方まで糸を巻いて終わったのが8月8日。
京都の笛教室に行った以外は11日間かかって16本‼️
笛を回し続けた左手はむくんで痛いし、同じ姿勢を続けたせいで左足もずっと「つりそう」…
持病の肋間神経痛で左胸がギシギシ痛むのがかなり辛い😢😢😢

樹脂浸透の工程で「可能な限り多く」15本も浸透させた結果、大変な「難行」になってしまった。
5月に完成させた「TSUKUMOシリーズ第一弾」12本も追加で糸を巻くことにしたし、これから製作する「第三弾」も糸を巻く。これじゃぁ「笛職人」なのか「糸巻き職人」なのかワカラナイ⁉️ 😢

デモ「砂漠でも割れないTSUKUMOシリーズ」が「落として割れました」というのも悲しいからナ‼️
「百年経ったら妖怪になる」から「TSUKUMO(付喪)」なのじゃよ‼️



糸を巻く時「端部」を巻き込んで巻きはじめる(写真)。
糸巻き(始)
糸の巻きはじめ


最後は「端部」を巻き込むためにループ状の糸を巻いておく(写真)。
写真だと「直角」に巻き込んでいるが最終的には「斜め前方45度」に工夫。糸が緩みにくくした。

糸巻き(終)
糸の巻きおわり



大変な作業で泣きそうになるが「イイコト」もある⁉️
8月4日は嫁さんが休みだったので2階のパソコン部屋で作業。
午前中はアニメ「サマーウォーズ」、午後は「STRIKE WITCHES THE MOVIE」を目の前のパソコンで「上映」‼️(映像もセリフも完全に覚えているので「脳内再生」しながら糸を巻き続けた)
夜は2人でスーパー銭湯に行って露天風呂→外食‼️ 😁
1日中嫁さんは居るし、好きなアニメ見て、露天風呂入って、ゴチソ〜食べて、仕事が進んだ‼️

「人生最良の1日」に近かったカモしんねぇ‼️



今日は「買い物」に出なかったので2本完成‼️ 夜は地元消防団の夜間パトロールに行ったゾ‼️
(おかげでいまヘロヘロ…)


これから「塗装」頑張ります‼️

「糸巻きおわったら庭の草むしりと風呂掃除!」って思ってたケド、も〜ちょいアトで…



テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

7月25日:笛でもつくるか…

海外輸出用の笛「TSUKUMOシリーズ」15本のポリマー樹脂浸透が終わった。
これから…
 ①一部の笛に糸を巻く                  (8月7日現在 アト2本!)
 ②外部をカシュー(こげ茶)で3回塗装
 ③内部をカシュー(赤)で塗装→調律のチェック
 ④内部をカシュー(赤)で仕上げ塗装
 ⑤カシュー塗装(内部)の研磨(1ヶ月後)
 ⑥内部を漆で3回塗装→研磨(1ヶ月後)
   …と、順調に進んで10月後半まで「果てしない仕事」が続く続く‼️


世間は「4連休だ‼️」「GO TO TRAVELだ‼️」とはしゃいでいるが、守山に「休み」はない。
笛作ってる方が楽し〜もん‼️(5月14日に二上山行ってから1日も休んでないゾ)


今日(25日)は嫁さんが当直明け。あすあさっては「休み」。3日も家にいるじゃないかっ⁉️
嫁さんの「休日」。居間でゴロゴロ寝転びながら「転生したらスライムだった件(ノベル)」を読むか、
和菓子を食べながら「録画したアニメ+ミステリー」を観るか、
そのままイビキをかきながら寝落ちしてしまうか………

う〜む。
(「正しいコロナ禍の過ごし方」ではあるが)食卓で糸を巻くことも、「話しかけんなオーラ」全開で「一心不乱」に調律をチェックすることも「できない」‼️😢
「仕方がない」「笛でもつくるか…」(糸を巻いたら塗装しながら制作再開するつもりだった)


材料を見ると「肉厚で重い竹」…
ついつい吹口と指穴の周囲を削って糸を巻く「龍笛仕上げ」の笛を製作することになってしまった。
前回の笛製作は6月29日。(なんでブランク明けにこんな面倒くさい笛を⁉︎)

久しぶりの笛製作
「フルート調律」「龍笛仕上げ」のA管


3日かかって「フルート調律」「龍笛仕上げ」の笛が完成。「TSUKUMOシリーズ」第3弾‼️
(調律と竹を削るのに時間がかかりすぎ‼️)
「フルート調律」のA管が完成
上は糸を巻いて塗装、内部に漆を塗った笛(G管)



明日から嫁さんがいないので「糸巻き」「糸巻き」(楽しくはないけどネ)。

梅雨明け間近?
26日夕方、大きな虹を二人で見た


全国で大きな災害をもたらした今年の梅雨。はやく明けてくれないかな?


テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

7月23日:和歌山の桃!

ここ数日「梅雨の晴れ間」。仕事が休みの嫁さんとかつらぎ町まで「桃」探し。

この時期は毎年、滋賀に住む両親や兄弟、嫁さんの実家に「桃」を贈っている(いわゆるお中元)。
長年「めっけもん広場」で「山根白桃」という桃を買っていたケド、開店時には「200人待ち」⁉️
朝8時に並んで「戦場」のような桃売り場で数少ない「山根白桃」を探すのも年々大変に‼️
そこで去年からかつらぎ町の選果場、果夢果夢バザールで「季節の桃」を選んで送ることに。
                                          → 果夢果夢バザール

ところが今年は連日の長雨。上旬には強風で桃に大きな被害がでたという… 😢😢😢
雨の止むのを待っていたら23日になってしまった。

広い選果場についたのは10時半。ところが「発送できる桃」が7箱しか無い⁉️
実が小さかったり少々痛んだ「家庭用」「ジュース用」はいくらか残っているが「大玉で傷のない桃」が本当に少ないようだ。「いい桃」だけを泣く泣く選んでくれているようで、5箱いただくのも申し訳ない気持ちに…


せっかくなので自宅用に「見たことのない桃」をいただいた。
「蟠桃(ばんとう)」という原産地中国の桃に近い品種。「蟠」は「うずくまる」という意味らしく扁平。
なんでも「幻の桃」と言われ贈答用は1個500円もする⁉️(写真は4個で500円+税)
ねっとりとした甘味の強い味だった。

蟠桃
幻の桃「蟠桃(ばんとう)」(奥2つはサカサマに置いている)


蟠桃の種子
「蟠桃(ばんとう)」の種子(信じられないけど左が真上から、右が真下から)





海南わんぱく公園の「横笛教室」がコロナ禍でまだ「自粛」。
22日に海南保健福祉会館の一室を借りて開くことができた。目の前の総合施設(図書館)海南nobinosuでも教室を借りることができそう。でも「代表」が海南市内在住・勤務という条件があってバタバタ。生徒の一人に連絡して無事「登録」できました。
来月から「しばらく?」海南nobinosuを借りて「横笛教室」ができそうです。

慣れない「事務仕事」にグッタリ…



テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

7月16日:「TSUKUMOシリーズ」第二弾

表皮を削ってポリマー樹脂を浸透させた海外輸出用の笛「TSUKUMOシリーズ」‼️
第二弾15本の表皮を削り終わってポリマー樹脂の浸透を開始。1日1回、3日間。
今回は長いF管が1本あるので半割りした塩ビ管にアルミホイルを敷いて浸透させてみた。

長大なF管をポリマー樹脂加工
長いF管に樹脂を浸透


「第一弾」は①ポリマー樹脂を浸透して拭き取ってから②専用シンナーを浸透させて拭き取った。
すると3回の浸透で「浸透前」より重量がわずかに軽くなった(本来は重くなるはず)。
「第二弾」では①ポリマー樹脂に数分間浸透②専用シンナーを染み込ませた布で拭いてみた。
(さすがにシンナーの匂いがヒドイ)

ポリマー樹脂を浸透させた横笛
樹脂を浸透させた笛


表皮を削り取った笛は「番号」がわからないので「番号札」で管理。手間かかるっす。
番号札で管理
樹脂を浸透させた笛を「番号札」で管理


「第二弾」の重量は「浸透前」とほぼ同じ⁉️(1〜2g増えるはずなんだが…)
なかなか思うようにはいかない。




様子が気になるのでチラチラのぞくと、作業しているベランダの温度計が45℃⁉️
「TSUKUMOシリーズ」は今後も①外部塗装3回②内部塗装2回③一部は漆を3回…



うひゃぁ〜っ‼️ 死んでしまうわッ‼️ 😢😢😢




さすがにいま「死んでしまう」わけにはいかないので電気屋に「スポットクーラー」を探しにいった。
「ふっふっふ!まだ定額給付金があるノダ」(あれ?メガネ7万円で買わなかったか?)

「冷風扇よりいいものを‼️」「でも取り寄せるのはイヤ‼️」とSHARPのCM–L100を買った‼️
でもネットで性能を調べたら「衣類乾燥機(冷風機能つき)」みたいなコト書いてあったゾ…
まぁ冷風の吹き出し口が上にあって「パソコン部屋」から冷風をベランダに送ることができそう。
雨の日に洗濯物が乾くなら年中使えてイイかぁ〜

冷風・衣類乾燥・除湿機
スポットクーラーのつもりで買った「冷風・衣類乾燥・除湿機」


さっそく洗濯物の「部屋干し」に大活躍してま〜す‼️ 🤣



テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

7月14日:「期待が裏切られそう」

守山は「占いを信じる男」。今朝の毎日新聞の星占い…
 ★水瓶座:期待が裏切られそう。何ごとも柔軟に対応すると開運。

                             「何に裏切られるんだ?」ドキドキ…


今日は守口の笛教室。6月に再開して今月が2回目。
昨日はAWAYAさんに「八篥」を届けて、嫁さんが当直でいないのをいいことに? しこたま飲んで
「とある科学の超電磁砲」12巻を読みながら「寝落ち」。夜中に電気を消して布団にもぐりこんだ?
朝からちょっと「熱っぽい」ケド、体温は「36.4℃」。 
 ちょっとドキドキ…

笛教室の荷物は昨夜のうちに玄関に置いてあるし高速道路も渋滞はなさそう…
少し時間があるので最新作の笛「フルート調律」で「樹脂を浸透」「漆を塗った」「龍笛風仕様」の笛を吹いてみた。漆を塗って1ヶ月。どんどん「音色」が良くなってきた。おそらく「最高の笛」になる‼️
「この笛も見せてやろう」と荷物に追加。

漆を塗った横笛
一番上の笛が漆を塗った「最新作」


笛教室で「きががり」といえば2つ…
先月から教室に参加された兵庫県の男性が「きちんと」練習されているだろうか?
これまでも「初回」は順調だった人が1ヶ月たつと「自己流」の練習で酸欠になっていたことも…
そういう人には見えなかったケドな…

もう一つは年末に参加された年配の男性。
以前篠笛教室に通っておられたのだが先生が亡くなられて3年ほどブランクがあるという。
愛用の「篠笛」を吹きながら「勘を取り戻そう」とされておられるのだが「大甲音」を強く吹く癖が…
なかなかの「騒音」だし、無茶な吹き方をしていると年齢的に笛が吹けなくなる可能性だってある。
そこで今回は漆を塗った龍笛を用意。漆を塗った笛の「本当の音色」を聴いてもらいたいと考えている。


いやいや…もしかして…他にもひょっとしたら…
アレコレ心配しながら京阪百貨店に到着。うどんをすすりながら口元を拭いたら鼻血が出てた…
(ドキドキしすぎ?)


守山の教室では「合奏指導」はしていない。個々の習熟度も違う。好みの曲も別々。
「好きでもない曲を一二、三」で合奏しなくても、好きな曲を練習しながら「課題」をみつけて克服してもらいたい。それぞれ練習している「音」を聴きながら個別のアドバイスをする形式だ。
そんなわけで通常は「授業」らしいコトはしないけど、今回は漆を塗った笛の音色を聴きながら「息の強弱」を練習に加えてみることに。
横笛に慣れていない人は「強く吹く癖」がついていて、それに気がつかないことが多い。息の強弱をくりかえすことで「横隔膜で音を出す」感覚をつかむこともできるし、「音色」も美しくなるのだ。

漆を塗った笛を強く吹くと迫力ある押しの強い音色に「音がふくらむ」。息を細くすると篠笛独特の「透明感のある音色」になっていく。そうやってブレスで変化する音色を聞いてもらって、一息で同じ音を長く吹き「最初は強く」「次第に弱く」「また強く」吹いてもらった。
篠笛経験者の男性も「息の強弱」をつけてもらって、息が弱くなった時に「そう‼️」「その音色‼️」とアドバイス。しばらくすると「無理のない吹き方」で美しい音色を維持できるようになってくれた。
先月から参加された男性も順調に1オクターブ目の運指に慣れているところ。
(なかなかイイ感じじゃないか)

その後、みなさん「お気に入り」の曲の練習。最終的に演奏を披露してもらう。
ところが「休憩」もせず30分も笛を吹いているとけっこう疲れるもの。
みんなが疲れてきたタイミングで守山が「見本演奏」。
「龍笛風仕様」の笛で「ゴッドファーザー愛のテーマ」「糸(めちゃモテ・サックス版)」を演奏。


「ゴッドファーザー」はバッチリ‼️ やっぱり新しい笛は最高の音色‼️
ところが「糸」の演奏で半音「シ♭」の指がすべることに気がついた⁉️
黒いカシュー塗料が汗でツルツル⁉️ 右手の小指もけっこう不安定‼️
(今朝はエアコンをガンガンかけていたので全然すべらなかったゾ)

「ぎゃぁ」「期待が裏切られたぁ」「ショックぅ‼️」
「星占い」はコレだったのかぁ〜〜っ
横笛の「龍笛仕上げ」
黒い塗料でしあげた横笛(指がツルツルすべってしまう)




フルート奏者のために「渾身の調律」を重ねた「最新作」。「海外輸出」も視野にいれている。
その笛が販売後に「指がすべって演奏できない」と言われたら致命的‼️ 「量産前」でよかった。

家に帰って「どれだけすべるか」吹いていたら腕がつった…
さっそく黒い塗料を削り落として糸を巻いてみた。

守山は「糸巻き」が苦手。「八篥」でかなり慣れてきたけどオソロシク時間がかかる。
一番長い吹口の右側(16センチ)で3時間かかった‼️
脳みそが3回「ゲシュタルト崩壊」起こして「あれ俺何してんだっけ?」ってなった。😢😢😢
(録画していたアニメ「転生したらスライムだった件」1〜7話まで観れたゾ)

糸の上から「吹き漆」の要領で「カシュー(こげ茶)」を2回。
あと数日したら内部の「漆」を軽く磨いて「完成」だ‼️

来月の教室で自慢しよ‼️

糸を巻いた横笛
糸を巻き直して完成した横笛(糸を巻くのに8時間くらいかかった)



黒い塗装をしていた時はかなり「重厚」な音色。塗料を削ると「重厚さ」がなくなって、糸を巻いて音色がよくなったように感じた。特に吹口の右側を巻く前と後では1オクターブ目後半の「圧」がUPしたように思う。
この笛はかなり「龍笛」を意識。糸を巻くことで音色が良くなるなんて「やっぱり龍笛はスゲェ‼️」。

いい勉強になりました‼️

 ★水瓶座:期待が裏切られそう。何ごとも柔軟に対応すると開運。(「開運」するかな?)


テーマ :
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

守山 鷲声

Author:守山 鷲声
1958年秋田市生まれ
「石笛仙人」で動画配信中

笛馬鹿歴25年!!の
「ドレミ音階」の横笛作家
1400本以上制作

いい笛をたくさん作って
悲しみ多きこの世界に
美しい音色を広げたいです
今年はスローペース?
めざせ月に2日の固定休!!
今年の笛作り33本

「コロナ」で来店はお断り
代わりに「試し吹き」をぜひ
(ただいま送料無料です)
「石笛倶楽部」の旅も中止!
でも毎日忙しくしています

龍笛完成(調律バッチリ)!!
神楽笛も2本完成!!
大晦日に演奏したいです

愛読書「口語訳古事記」
浮世絵(復刻)収集が楽しみ

笛の起源・クマバチ飼育・
縄文遺跡・山彦など研究

苦手なもの
電話・目薬・ラベンダー
あ、ほどほど飲みも苦手だ

還暦すぎて体はガタガタ
毎月の薬代>酒代なのが涙

朝〜22時は電話応対無理です
お問い合わせは下のリンク
「笛の店 谺堂」から
メールでお願いいたします

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR